Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

当サイトは新サイトに移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトしますので、新サイトにて検索頂き、同記事をお読み下さい。

ブハラ観光!旧市街&新市街を街歩き


スポンサーリンク

こんにちは、LトラベラーRIEです。

 

前回は「トルクメニスタンビザ申請方法@ウズベキスタン」をご紹介しました。

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

本日は舞台をタシケントからブハラに移して、街歩きの様子を紹介します。

 

 

ブハラ街歩き

 

タシケントからブハラへ

 

トルクメニスタンビザの関係で、タシケント→テルメズ→サマルカンド→タシケントという経路でウズベキスタンを回ってきましたが、無事にビザが受け取れたので、夜行列車でブハラまで一気に移動します。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126173835j:plain

一緒に行動するのは、旅仲間のみずほ(MIMI ミステリーワールド!)&キルギスで知り合って、トルクメニスタン大使館で再会したY君

 

楽しき3人旅の始まりだ~!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126173714j:plain

と思った10分後には、寝たみずほ(゜o゜)

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126181327j:plain

このまま起きる事なく、朝まで眠り続けたのでした。

 

 

ブハラでオススメしない宿

 

現在地はココ。ブハラに到着でーす。

 

まずは予約していた宿へ。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126181216j:plain

チェックインしたのはルミ(Rumi)。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126214530j:plain

朝食はボリューミーで美味しく部屋は広くて清潔です。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126214602j:plain

ただ、宿のおばさんがクセの強い人で怒ってばかりだし、タクシーの勧誘を高値でふっかけてくるし、頼んでいた洗濯物は洗わず放置されてるし。私はあまり好きになれなかったな。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126214526j:plain

だけど安くて評価が高いから、偶然にも日本人がこんなに沢山同じ宿に泊まっていたよー。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126214457j:plain

少人数で食事に行くのかと思ったら、日本人いっぱいで動揺したけど(笑)

 

 

ブハラでオススメしないカフェ

 

ブハラ到着後、早速旧市街を散策してみました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126181511j:plain

可愛くて見ると欲しくなるから、なるべく見ないようにしているウズベキスタンのお皿(>_<)

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126182324j:plain

で、ここがオシャレだけどオススメしないカフェCafe Wishbone Bukhara」。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126182719j:plain

私たちを待ち構える店員さん。笑

 

頼んだのはオススメされたチーズケーキだけど、私たちが知ってるチーズケーキではなく、油で固めたような何かです(>_<)

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126183321j:plain

みずほとY君が注文したアイスラテはホットだしwアイスラテがホットってw

 

ストローで飲んだら火傷するわ!笑 

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126181311j:plain

「これホットなんですが・・・?」って言ったら、氷持ってくるしw

 

グラス満杯に注がれてるのに、氷入れたら溢れるわ!笑 

 

とにかくチーズケーキはお世辞にも美味しいとは言えないので、このカフェはオススメできません。

 

 

アルク城を歩くじょ~

 

引き続きブハラ散策。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126192352j:plain

やって来たのはアルク城!「アルク=城壁」の意。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126192645j:plain

広い内部で最も興味深かったのはこの空間。王様が住んでいた部屋です。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126192442j:plain

部屋を出る時は王に背を向ける事は許されず、後ずさりしなといけず、私たちも当時の情景を思い浮かべて真似してみたけど、

 

部屋が体育館並みに広くて、後ろを向いて歩き続けるのはちょっと恐かったな。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126192546j:plain

尚、アルク城の入場料は正規レートだと6,000スム(約172円)です。

 

 

カラーン・ミナレット見学

 

続いてやって来たのはポイ・カラン広場

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126193434j:plain

左のカラーン・ミナレットは「死の塔」と呼ばれていて、その昔、罪人を袋に入れて上から投げ落としていたそう。

 f:id:l-traveler-lovetabi:20180114221243j:image

過去を知らないとただの綺麗な広場だとしか思わないけど、公開処刑の場だったと知ると寒気を覚えますね。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126193348j:plain

高さは ブハラ1で46m。15階くらいの高さです。

 

 

イスマイールサーマーニ廟をチラ見


次はここ!中央アジアで一番古いイスラム建築の霊廟、イスマイールサーマーニ廟

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126191950j:plain

外壁は、日干しレンガを細かく積み重ねて造られていて、それが模様となり美しかった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126192530j:plain

入場料を払えば中に入れたけど、チラ見しただけで入らず。

 

近くには閑散とした遊園地が。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126192055j:plain

この観覧車に乗れなかったのはウズベキスタンで唯一の心残りです。

 

 

デフコン・バザールでランチ

 

それからブハラのマーケット、デフコン・バザールにも足を運びました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126192742j:plain

キャップget!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126192846j:plain

このバザールのオススメはここのプロフ

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126193022j:plain

入り組んでいて場所の説明ができないけど、161がバザール内の住所だと思われます。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126193720j:plain

美味しいので、デフコン・バザールに来たら是非食べてみて下さい^ ^ 

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126192928j:plain

ちなみにプロフとは、脂っこいピラフでウズベキスタンの国民食!

 

ラビハウズでディナー

 

日が沈みかけた頃、人工池・ラビハウズのレストランでディナータイム。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126192336j:plain

雰囲気のあるオシャレレストランですが、長期旅行者でも入れる価格設定で味良し◎

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126181512j:plain

ここを選べば間違いないと思う。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126192409j:plain

  

 

新市街でデザート

 

翌日みずほ達がランチに行ってる間、一人で新市街を散歩してみました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126214747j:plain

1時間くらい広場のベンチで読書してたけど、風が心地良くて、たまにはボーッとする時間も悪くないなーと。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126215012j:plain

適当に入ったカフェのケーキは、チーズケーキの100倍美味しかった(笑)

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126214631j:plain

コーヒーと併せて3,000スム(約86円)。昨日のチーズケーキは18,000スム(約517円)。旧市街は観光地だから価格設定が高めなんだろうけど、この差恐るべし(>_<)

 

ブハラは2泊して、ウズベキスタン最後の街ヒヴァを目指します。


スポンサーリンク