Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

ゲイの街・ブライトンで、パレード前日に街歩き


スポンサーリンク

こんにちは。マチュピチュからクスコに戻って来たLトラベラーRIEです。

 

移動のお供に新しくダウンロードした電子書籍がコレ。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20180220232140p:plain

普段漫画は読まないけど、大好きな知念里奈が勧めていたら話は別です。笑

 

 

さて、ブログは前回よりイギリス編に突入しています。ロンドンからブライトンへの行き方はこちらをどーぞ!

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

本日はLGBTパレード直前のブライトンの様子をお届けします!

 

 

レインボー尽くしのブライトン

 

ブライトン街歩き

 

現在地はココ。イギリスの南にあるリゾート地であり、(広義の意味での)ゲイが多い街として有名なブライトンです。

ここへ来た目的は年に1回開催されるヨーロッパ最大の(?)プライドパレード(LGBTパレード)を見学する為!

 

パレード直前のゲイに優しい街の様子がどうなっているのか、レズビアン友達2人と散策してみました!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231224133j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231224438j:plain

ブライトン駅もそうでしたが、街の中心部は小さなフラッグが張り巡らされていて明るい印象。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231224700j:plain

所々でレインボーグッズが販売されています。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231224837j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231224647j:plain

これは眼鏡屋さん!レインボーの展示があるディスプレイ発見!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231224205j:plain

こちらは銀行です。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231224444j:plain

ホテルには沢山のレインボーフラッグが掲げられていて、LGBTフレンドリーなホテルである事は一目瞭然。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231225144j:plain

左の小さな雑貨屋さんの店内にまでレインボーフラッグが。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231225205j:plain

ここにも!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231225403j:plain

このお店は窓ガラスに可愛いシールを貼って、歓迎の意を表現。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231225415j:plain

この様に「ブライトン」という大きな括りの中で、パレードへ向けた準備がされているのではなくて

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231225148j:plain

銀行などの大企業や、チェーン展開している有名店は当然の事ながら、個人単位で経営しているお店ですらLGBTウェルカムの意を示してくれていました

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231225530j:plain

日本だったら、二丁目でしか目にしないような広告がその辺に飾られているし、空気が違うんですよ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231225756j:plain

暖かくて優しい空気。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231225639j:plain

今まで感じた事のない心地良い空気。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231225807j:plain

目には見えないけれど、駅を降りて暫くして「何この居心地の良さ!」と、私も友達もそれを肌で感じたほど。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231230048j:plain

それからイギリスで見たレインボーフラッグは定番の7色のフラッグだけではなく、

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231224829j:plain

やたらオシャレなフラッグだらけ!さすがイギリスです。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231225316j:plain

ちなみにイギリスでは2004年にパートナーシップ制が成立、2014年に同性婚法が施行されました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231225850j:plain

同性婚が認められたのはつい数年前だけれど、法律で認められる以前からブライトンではLGBTが受け入れられていたと思うし、

 

それこそ反対なんてしたら、この街では生きていけないんじゃないかな。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231225948j:plain

海外で見る初パレードの地をブライトンにして正解だったなーと、パレードへの期待を一層高めたのでした!

 

 

ブライトンのレストラン

 

さて、食事がマズイと有名なイギリスですが、入った飲食店で唯一美味しかったのがこのバーガーショップ!

 

飲み物付で7.20ポンド(約1,159円)したけど、味は問題なし。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231224130j:plain

ポテトの量は凄まじかったです。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231223751j:plain

翌日、海辺の店で買ったフィッシュアンドチップスは美味しくないし、後日ロンドンで食べた中華も微妙だったし。イギリスで美味しいご飯に出会う確率が低いっていうのは本当なのかもしれません(汗)

 

 

宿情報!ブライトンで泊まった場所

 

最後にブライトンの宿情報、というかテント情報(笑)

直前までやらないタイプの私は、ブライトンの宿を探し始めた時期が遅く、予約しようと思った頃には宿代が高騰してしまいました( ̄▽ ̄;)

 

そこでブライトンのLGBTパレード主催団体が提供していた一人1泊15ポンド(約2,415円)のテントスペースに申し込み!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231233158j:plain

ブライトンの街は小さく、ホテルだけではパレード参加者を収容しきれないんでしょう。

 

ご覧の通り、これの5倍はある広いスペースに一面テントだらけ!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231223946j:plain

皆んな車で来て椅子やキッチン用品を持ち込んでいる中、私たち2人はジョージアで買ったショボいテント一つ。。寒さに凍えて眠りに就いたのでした(泣)

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231224408j:plain

この写真を撮ってくれた、もう一人の友達Mちゃんはブライトン中心部にあるケンプ タウンハウスを抑えていて、オーナーの女性が綺麗だったので優しいし、部屋はキレイだし、テント泊の100倍オススメです。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231233514j:plain

次回はいよいよブライトンのプライドパレート本番!!写真多めでお届けします。 


スポンサーリンク