Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

当サイトは新サイトに移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトしますので、新サイトにて検索頂き、同記事をお読み下さい。

アシガバートでプール付の高級ホテルに滞在しちゃう!?


スポンサーリンク

こんにちは、アルゼンチンなうのLトラベラーRIEです。

 

成田→メキシコシティ→ブエノスアイレス→エルカラファテって空路で移動したけど、結局最後まで第三国への出国チケットの提示は求められませんでした(*^^*)ダミーチケット用意して、内心ビクビクしてたから安心したよ(汗) 

 

 

さて、ブログは漸くトルクメニスタンの地獄の門まで辿り着きました。

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

本日は、未知なる国トルクメニスタンの首都アシガバートの様子をお届けします。

 

 

アシガバート観光とレストラン情報

 

ダルヴァサからアシガバート中心部へ

 

午後14時。ダルヴァサからヒッチハイクで3時間半掛けて、トルクメニスタンの首都アシガバート郊外にやって来た私+旅友達のみずほ(MIMI ミステリーワールド!)。

 

1人10マナト(約330円)でタクシーに乗り、市内中心部へ。

15分程の距離でした。 

 

 

アシガバートで困難極めた宿探し

 

キルギスから一緒に旅をしてきたみずほと、ここアシガバートでお別れです。

みずほは陸路でイランへ。私は夜行列車でトルクメンバシへ移動、フェリーでアゼルバイジャンに抜ける予定でしたが時間が微妙なので、アシガバートで1泊する事に。

 

で、ホテル探しスタート↓

1軒目:多くの旅人が泊まっているSyyahat(Tourist Hotel)

南京虫やネズミが出る事で有名ですが、とりあえず見て決めようとアタック。するとアシガバートで大規模な医療シンポジウムが開催されており満室1人15ドルの部屋ならあると言われて見せて貰った部屋は、タダでも泊まりたくない汚さだったので却下。スタッフも「やっぱりね」って苦笑いしてましたw 

 

2軒目:maps.meに載っていたゲストハウス

→マップを頼りに探したが、見つけ出せず

f:id:l-traveler-lovetabi:20180127195555p:image

 

3軒目:1、2軒目から徒歩圏内のBezirgen Hotel

→医療シンポジウムで満室

f:id:l-traveler-lovetabi:20180127195611p:image 

 

オワタ( ̄▽ ̄;)

 

医療シンポジウムと重なったせいで宿が一切空いてない。おまけに、うだる様な暑さ

 

みずほは地獄の門のガスで具合悪いし(>_<)

私は無駄に地獄の門で一人オールしたせいで具合悪いし(笑)

 

寄せ集めた最後のマナトでタクシーに乗り、Bezirgen Hotelのスタッフに紹介して貰った1泊20ドルのホテルへ

 

ここに賭けるしかない。

 

 

アシガバートの五つ星ホテル

 

はい、到着(-_-;)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180120005920j:plain

はい、絶対20ドルで泊まれないー

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231547j:plain

てか五つ星!アシガバートの高級ホテルじゃん( ̄▽ ̄;)

 

長期旅行者の私たちが求めているのは高級ホテルではなく、普通の清潔さを保った普通のホテル。。。

 

高級感に恐れをなしながら、奇跡的に1泊20ドルかもしれないから、念の為、値段を聞いてみました!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231058j:plain

はい、1泊一部屋120ドル~(-_-;)

 

だよね、だよね。20ドルのワケないよね。期待寄せちゃって御免よ(>_<)

 

 

でもね?

 

 

チェックインした(・∀・)

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126230401j:plain

正気の沙汰ではない事は理解してるけど、お金ならまた稼げばいいし。見つかるか分からないホテルをまた探すより、涼しい部屋で早く休んだ方がいい◎ 

 

おかげで綺麗なベッドで眠れてー、トルクメニスタンなのにWi-Fi使えてー、バスルーム綺麗だしー。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126230325j:plain

朝食はビュッフェだし。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231027j:plain

プール付きだし!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180120010057j:plain

プールで遊べたし。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126230859j:plain

女子の水着姿楽しい時間プライスレス。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231609j:plain

120ドル以上に価値ある滞在となりましたとさ。

 

※私たちが泊まったのはグランド トルクメニスタン ホテルです。

シンポジウム開催の不運に出くわした方は是非(笑)

 

 

アシガバートでバザールへ

 

さてさて。独裁国家であり、中央アジアの北朝鮮と呼ばれるトルクメニスタン。首都がどんな様子なのか、ホテルを飛び出して散策に出掛けました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180120010115j:plain

人の写真は撮っていないのでマネキンで説明すると、半数以上の女性はワンピースを纏い、既婚女性の頭にはスカーフ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231203j:plain

他の中央アジアの国々と比べて、随分と洗練されている印象を受けました。

 

それから、宿の目の前にあるロシアバザール

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126232232j:plain

賑わい度は低く、物珍しい物はなし。
f:id:l-traveler-lovetabi:20171126230510j:plain

だけど、トルクメニスタン土産は沢山売ってたよ。どれも可愛いんだなー。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126230922j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180120010201j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231255j:plain

あとあと!トルクメニスタンピンバッジをGETしちゃった!トルクメニスタンでピンが売ってると思ってなかったから大興奮!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231343j:plain

これはレアなんじゃない!?( ^ω^ )

 

みずほとお揃いでポーチも買ったよ~。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231419j:plain

絨毯生地で、国旗に記されている、トルクメニスタンで代表的な5部族の刺繍が施されているもの。

 

ウズベキスタンで買ったお揃いポーチに続き、2ヵ国連続お揃いポーチw

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231455j:plain

使い道なしwどうして旅先で女の子はいっぱいポーチを買うのか?汗

 

ロシアバザールの場所はココですよ。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20180127195806p:image

 

 

アシガバートのスーパーへ

 

それとスーパーを見つけたので、入ってみました。

 

これは一体ナニ!?

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231458j:plain

アメリカティーと書かれた謎の飲み物。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231620j:plain

お酒が普通に売っていたのには驚きました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231534j:plain

外国人を珍しがって、店員さんがスーパーを案内してくれたんだけど、トルクメニスタン製だと聞いて買ってみたトルクメニスタンコーラ!じゃじゃーん!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231656j:plain

えっ!普通に美味しいじゃん!トルクメニスタン土産にトルクメニスタンコーラ有りだと思います^ ^ 

 

 

白亜のアシガバート街歩き

 

首都アシガバート。街全体の様子はとても静か。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180120010305j:plain

エリアによっては人っ子一人歩いていないし車も走ってないから、ゴーストタウンに迷い込んだ気分に。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180120010320j:plain

馬のモニュメント。トルクメニスタン産のアハルテケって希少馬だと思われる。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231141j:plain

あ、マーケットでアハルテケの写真入りノートが売ってたよ!

 

星型をした広場の噴水。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231210j:plain

国旗に星がある為か、アシガバートではやたら星モチーフのモノを見かけました。

 

これは何の建物かな?

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231417j:plain

政府機関の建物は撮影が禁止されていて、警備員が数名立ってます。撮影すると注意されるよー。

 

可愛いベンチにも星が!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126232022j:plain

最後にアシガバートモニュメント。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126232131j:plain

街全体が異様なくらい綺麗なのは、以前起きた地震の影響で街を一新したから。その時に建物の色を白で統一したのか、アシガバートは白亜の街なんて表現をされてます。

 

それとね、ほとんどの建物、モニュメント、全体の構造が、左右対称になってる事に気付いたの!!

トルクメニスタン人は左右対称に美を見い出すのだろうか。是非アシガバートを街歩きする際は建造物の左右対称具合に目を向けてみて下さい^ ^ 

 

 

アシガバートのレストラン

 

最後は食事編。

 

お昼時、行列していたパン屋さん! 

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231744j:plain

トルクメニスタン人も行列に並ぶんですね。

 

小窓の奥のキッチンに商品が置いてあるから、どれが何味か分からなかったけど、気になって私も購入!笑

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126231825j:plain

パンというよりパイ寄り。チキンイン。焼きたてで温かいしボリューミーだし、満腹度100%。普通に美味しかった。

 

場所はココです。閉店してません。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180127195703p:image

パンは2個で5マナト(約165円)だったよ。 

 

夕飯はココ「Baghdad Cafe」。閉店してません。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180127195643p:image

看板がなくて入りにくい雰囲気だけど、普通に居心地良かった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180120005935j:plain

家族で食事に来るより、男の人が一人で飲みに来るお店かな。

 

注文したピザ。プロフじゃない夕飯が久しぶりで美味しかった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126230605j:plain

みずほは次行くイランでお酒が飲めないから、ビールを注文してたよー。私は結局みずほと旅してる間、一度もアルコールを飲まずw

「最後の夜だから遅くまで起きていよう!」と言いながら寝たみずほw 

f:id:l-traveler-lovetabi:20171126230245j:plain

キルギスから1ヶ月近く本当にありがとう。足のケガ含めて色々助けてくれて、みずほとだから格段に楽しめた中央アジア旅でした( ^ω^ ) 

 

明日から久しぶりの一人旅再開だー!!5日間のビザ有効期限内にフェリーでアゼルバイジャンへ抜けるミッションを無事クリア出来るのでしょうか。 


スポンサーリンク