Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

緑の絶景、紅茶列車。アジア随一の景観を車窓からこんにちは


スポンサーリンク

どーもー!チェコのプラハ滞在中のLトラベラーRIEです。

 

20人ドミに泊まってるんですが、いびき三重奏で眠れない(>_<)耳栓失くした事が悔やまれます。

 

 

さて前回は、ドミの女子4人組に誘われて、浮かれ気分でトレッキングに出掛けた時の様子をお届けしました。笑

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

  

本日は、世界の車窓からシリーズ、スリランカ編。スリランカ鉄道に乗車してキャンディまで移動した際の茶畑ビュー写真をご覧あれ~。#紅茶列車激推し

 

紅茶列車に乗って何処までも駆け抜けよう君と私で

 

ヌワラエリヤからナヌオヤへバスで移動

 

現在地ヌワラエリヤからバスで20分の所に、ナヌオヤという町があります。

 

スリランカへ来たら乗りたいと思っていたスリランカ鉄道。その列車に乗るためナヌオヤ駅へ移動してきました。

ちなみに今回私が乗る路線は通称「紅茶列車」と呼ばれている区間で、セイロンティーの産地であるスリランカの茶畑ビューを心ゆくまで堪能できる人気路線

 

ヌワラエリヤからナヌオヤまで、バス代24スリランカルピー(約18円)。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007034820j:plain

ナヌオヤ駅着。この奥、左手に切符売り場があります。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007034838j:plain

※人気のため2等3等だと席がない・景色がよく見えないという話を聞き、2日前にナヌオヤ駅にて1等の切符購入済

 

ナヌオヤ~キャンディまで1等列車代1000スリランカルピー(737円)でした。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035135j:plain

※1等はエアコンありの指定席です

 

 

紅茶列車に乗ってキャンディへGOGO

 

ワクワクしながらホームで待っていると列車がやって来ました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007034920j:plain

これが念願の紅茶列車だ~!楽しみ~( ^ω^ )

 

1等は綺麗だし混雑してなくて快適(この日は空いていて2等でも座れてた)。
f:id:l-traveler-lovetabi:20171007034759j:plain

メインバッグは隣の席の男の子が持ち上げて、上の棚に入れてくれましたm(_ _)m

 

通路側だったのと窓が曇っていたので、発車してすぐドアの方へ移動。

 

 

わ~~~!!!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007034917j:plain

茶畑と列車!写真で何度も見た光景が、目の前に広がります。

 

この紅茶列車、こんな事もできちゃうんですよ!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007034846j:plain

ご多分に漏れず私もやってみました!!!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007034933j:plain

イェーイ!!!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007034936j:plain

ウェーイ!!!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007034826j:plain

イェイイェイイェーイ!!!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035211j:plain

興奮気味。

 

珍しく興奮気味。 

 

だって、延々と、広大な緑の景色が続くんだもん。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007034845j:plain

尽きることなく茶畑ビューを見せてくれる紅茶列車。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007034908j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035047j:plain

この列車に乗って、正解だったと心底思いました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035108j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035332j:plain

値段が高めだなって思ったけれど、この景色が見れるなら、また乗りたい。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035129j:plain

あと2回は乗ってもいいかも。笑

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035136j:plain

興奮しすぎて、大半の時間をドアの所で過ごしたため、エアコン車両の恩恵はほぼ受けなかったけど(笑)

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035155j:plain

景色もさることながらスリランカ鉄道の良い所は

 

駅員さんが電車から電車に跨いで移動する技が見れたり(笑)

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035244j:plain

じゃなくて~触れ合い。景色を眺めに、ドアの所へやって来るスリランカ人たちと沢山触れ合える事。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035322j:plain

人懐っこくて日本人大好きなスリランカ人たちと過ごす列車旅は、あっという間に時間が過ぎました。

 

そうそう、たまたまドアの前で隣同士、一緒に景色を見ていた白いワンピース姿のお姉さん。

被っていた帽子が飛ばされちゃって、お姉さんまで落ちそうになるから咄嗟に抱き寄せたんだけど、いっそのことお姉さんと私、一緒に飛ばされてしまいたかった、と。笑

 

そんな願ってもなかった出会いがある紅茶列車に、終始大興奮であります。
f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035349j:plain

興奮し過ぎて、普段しない自撮りまでしちゃう始末。うしろ!笑

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035415j:plain

スリランカへ来たら是非乗って欲しいな~。1ヶ月滞在したスリランカで一番オススメ。シーギリヤの10倍オススメです(笑)

 

到着したキャンディでは、あの旅人と再会しますよ〜。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035408j:plain

それは次回。

 

この記事を読んで、どなたか1人でも「紅茶列車乗ってみたいな~」って思ってもらえたら幸いです!最後まで読んで頂きありがとうございました(^-^)


スポンサーリンク