Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

差し出された手を握り返さないで!シーギリヤロック


スポンサーリンク

こんにちは。エチオピア入国目前のLトラベラーRIEです。

 

間もなく入国にも関わらず、エジプトにて発熱。風邪引きました(>_<)エチオピア入ったらすぐに3泊4日のダナキルツアーが待ち受けているので、早く回復したい!!!

 

 

ブログはスリランカ編残り2記事となりましたよー!イェイ!

 

ダンブッラの黄金寺院に続き

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

本日はシーギリヤロックへ出掛けた際の様子を記事にしました。また、シーギリヤ&朝日が見れるピドゥランガラロック情報も載せたので併せてどーぞ。

 

シーギリヤロックに登る前に知っておいて欲しい事

 

ピドゥランガラロックで朝日を見よう

 

スリランカ・ダンブッラでのワークアウェイ生活中盤。

ワークアウェイ先のホテルで企画している「朝日&シーギリヤロックツアー」に同行できる権利を獲得した私!※入場料は自費です

 

4時50分。初の休みに早起きして、ドイツ人カップルと共にジープに乗り込みます。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010031830j:plain

ホテルの車は、サファリの用途を備えているのでバンではなくジープです。

 

さて本日、朝日を見るスポットはココ。

シーギリヤロック&朝日を眺められるピドゥランガラロックです。

 

ホテルからピドゥランガラロックまで25分の道のり。近いんですよ。

 

入場料500スリランカルピー(361円)を支払い、まだ薄暗い中、岩山を登ること20分弱(これまた意外と早い)。

 

 

シーギリヤローーーック

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010031457j:plain

ホテルの屋上から小さく見えていたシーギリヤですが、ハッキリと見るのは今日が初めてだ。

 

頂上は走り回れるくらい広いけど柵はなく、岩の上にあってスリル満点。高所恐怖症の人には辛いかもしれません。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010031543j:plain

ね。柵ないでしょ。滑ったら終わりなので、ドジな私は人一倍注意を払わねば。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010031310j:plain

ちなみにワークアウェイ先のホテル(サンダラス リゾート&スパ)でこのツアーに申し込むと、ドライバーが頂上まで案内+好きなだけ写真を撮ってくれるので、おひとり様でも安心です!

 

朝日が出るはずの6時20分。生憎の曇り空で綺麗な朝日見れず(>_<)残念無念

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010031600j:plain

だけどツアーに同行していなかったら、一人で朝日を見に来る事はなかったので、参加させて貰えて感謝です。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010031618j:plain

一緒に行った可愛いドイツ人カップル

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010031638j:plain

と、私。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010031342j:plain

 と、テンション上がってる私。笑

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010031325j:plain

 

7時過ぎ、下山です。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010031659j:plain

行きと同じく、細い隙間をくぐったり、巨大な石と石の間を飛び越えたり、良い運動になりました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010031726j:plain

それと、ピドゥランガラロックへ来る際はライト必須。外灯は一切なく真っ暗です。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010031805j:plain

本当に真っ暗なので、特に女性一人の場合、自力で来るのは避けた方がいいんじゃないかと思います。

 

 

シーギリヤロックを眺めながら朝食を食べよう

 

朝日の次は、シーギリヤロックを眺めながら朝食ターイム! 

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010031418j:plain

サンドイッチ&クロワッサン&スイカの簡単な朝食ですが

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010031435j:plain

早起きして山登りからの、見晴らしの良い場所で食べる朝ごはんは最高だー!!

 

 

念願のシーギリヤロックへ行こう

 

ようやく本日のメインイベント。

 

スリランカへ来たからには絶対行きたいと思っていたシーギリヤロック

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032159j:plain

激高な30ドルまたは4620スリランカルピー(約3,339円)入場料を支払って中へ入ります。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032037j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032102j:plain

入ってすぐ右手にある美術館にて、30分間ほどシーギリヤロックの歴史を学び

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032122j:plain

シーギリヤロックへGO!目指すは巨大石の一番上!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032221j:plain

道のりは決して容易いものではなく、
f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032303j:plain

前回記事にした黄金寺院と同じく、待ち受ける階段地獄。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032335j:plain

そんな辛い階段だから、必死に上っている時、ふと目の前で手を差し出されたら

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032341j:plain

無意識に握っちゃう事もあるんだけれど、絶対ダメ

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032206j:plain

その手を握らないで!!!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032143j:plain

 

私も1回手を差し出されて

 

「あれ?シーギリヤに彼女と来てたんだっけな」って勘違いするくらいスマートに手を差し出すもんだから、思わず握りそうになったYO!

 

だけど、顔見たら可愛い子じゃなくておじさんだったから、この後どういう事が起こるか知っていたので、慌てて手を引っ込めました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032359j:plain

 

手を握り締めた場合、待ち受けているのは金銭の請求

 

善意で引っ張り上げてくれてるわけじゃないの。 

 

 

私が頂上に辿り着いた時、隅の方でおばあさんを囲い、お金をせびるおじさん2人を見かけました。

 

 

おばあさん、2,000スリランカルピー渡してた。

それでも足りないって要求するおじさんたち。

やめさせようとしたけど、おばあさんが諦めて拒否してきたので無理でした。 

 

 

入場料だって安くないのに、更にお金を請求されて

シーギリヤロックを楽しみに来て

頑張って登ったのに

スリランカは素敵な国で良い人ばかりなのに

 

おばあさんが悲しい気持ちで1日を過ごして

嫌な思い出のままこの旅行を終えたら、、、

って考えたら、自分まで辛くなってしまった(泣)

 

 

だから、やっとの思いで辿り着いた頂上だけど全然楽しめなかった(>_<)

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032339j:plain

「へぇー、頂上はこんな風になってるんだー」で終わり(>_<)

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032412j:plain

悲しい時の絶景は霞んで見えるんだ、って知った。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032324j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032511j:plain

ちなみに、シーギリヤロックの見所、シーギリヤレディーのフレスコ画だけど、

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032320j:plain

係員に誘導される形で急かされ、立ち止まって鑑賞する事は許されず。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032356j:plain

次の見所であるミラーウォール(鏡の回廊)では、

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032242j:plain

今でも映るのかなーって覗き込んでみたけど、何も映らず。 本当に昔はこの壁が鏡の役割を果たしていたのか。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032223j:plain

見所の見学すら消化不良に終わったけど、ドイツ人カップルが楽しめたようで何より。
f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032240j:plain

今日一番のハイテンションポイントは、ピドゥランガラロックに登ってシーギリヤロックを見た瞬間でした。※小山がピドゥランガラロック

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010032306j:plain

次回はスリランカ編ラスト!スリランカでサファリを楽しみます! 


スポンサーリンク