Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

『ウズベキスタンビザ』キルギスのビシュケクで申請取得と陸路で国境越え


スポンサーリンク

こんにちは。世界一周一時帰国中のLトラベラーRIEです。

 

先日、弟の奥さんと初めましての挨拶を交わしたのですが、その3時間後、誰もいないと思って入った弟の部屋で、2人が仲良く寝てました( ̄▽ ̄;)気まず。

 

住所不定無職な上に、勝手に部屋に入る最低な姉と思われたのではなかろうか(泣)

 

 

さて、本記事にてキルギス編が終了ウズベキスタン編がスタートします!

今日はウズベキスタンビザの申請取得方法キルギスからウズベキスタンへ国境越えした時の話です。

 

尚、キルギスで病院へ受診予定の方はこちらをどーぞ。笑

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

 

祝!ウズベキスタンビザ取れたどー!!

 

ビシュケクのウズベキスタン大使館でビザ申請 

 

滞在中のキルギスから、次なる国ウズベキスタンへ陸路で抜けたい私。ウズベキスタンへ入国するにはビザが必要なので、キルギスのビシュケクでビザ申請を行いました。

 

ウズベキスタン大使館の場所はここ。

 

「持ち物」

・パスポート

・パスポートコピー

・ビザ申請書

・顔写真(3×4)

※申請前に大使館へ電話連絡必須という情報がありますが、電話せずに行って問題ありませんでした。受取時は事前の電話確認必須です。

 

 

申請日 2017年6月27日(火)

 

朝9時半、大使館到着。門は開いていました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171123054616j:plain

10時にオープンして1組ずつ順番に呼ばれます。受付の女性は終始イライラしていて噂通りのドSっぷりだったので、怒らせないよう慎重に申請しました。でも嫌いじゃない(笑)

 

11時、申請終了。

3日後の6月30日にビザが出来ているか電話確認して、と指示あり。

パスポートはホールドされません。

 

 

ビシュケクのウズベキスタン大使館でビザ取得

 

6月30日。アルティンアラシャンの宿から電話を掛けてもらうも繋がらず。

7月3日。ビシュケクの宿から電話を掛けて貰いました。明日4日にビザを取りに来て、と指示あり。

 

「持ち物」

・パスポート

・15ドル

 

 

受取日 2017年7月4日(水)

 

7月4日10時前ウズベキスタン大使館到着。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171123054512j:plain

アポイントありでビザを受け取りに来た人から通されたので、すぐに中へ入れました。

 

ドSのお姉さんから銀行の振込用紙を受け取って、指定の銀行へ!

 

ビザ代15ドルを支払った領収証を持って13時までに大使館へ戻る。これでミッション完了です。ちなみに周りの外国人と比べたら、日本人の15ドルは破格で羨ましがられました。

 

ドS嬢に怯えながら勝ち取ったビザがこれ!イェェェイ!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171123061017j:plain

 

申請から受け取りまで8日間掛かりましたが、これでウズベキスタンに行ける~\(^o^)/ 

 

 

キルギスからウズベキスタンへバスで国境越え

 

ウズベキスタンビザをゲットした私たち(私+当ブログでお馴染み旅友達のみずほ)は、その日のうちに国境越えを目指します。

 

前日にみずほが買っておいてくれたチケットを持って、ビシュケクの西バスターミナルへ。

 

バス代は750ソム(約1,218円)荷物代が100ソム(約160円)でした。

 

バスに乗り込んだものの、エアコンなしで過酷だー。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171125233558j:plain

21時過ぎに出発して、1時間後カザフスタンの国境越えー。難なくクリア。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231221825j:plain

8時間後の朝5時。ウズベキスタンの国境を越えるためバスを乗り換えました。

 

何故か国境手前でバスを降ろされて、タクシーで国境まで行く意味不明なシステム。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171125233557j:plain

タクシー代は1人5,000スム(約143円)、15分弱で到着します。

 

ウズベキスタン国境は大混雑してたけど、近くに並んでいたおばあちゃんが先導してくれてスムーズに通れました。

 

はいっ!ウズベキスタン入国

 

 

親切心?お金欲しさ?謎のおばあちゃん

 

国境で親切にしてくれたおばあちゃんが私の足を心配して、タクシーの所まで荷物を持って案内してくれたの。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231221831j:plain

「ウズベキスタンの人優しいね~」なんて話しながら、みずほと歩いてた。 

 

国境からウズベキスタンの首都タシケントまでタクシー代1人5ドル何故かおばあちゃんが一緒に乗ってきた

「おばあちゃんもタシケント市内に行きたいのかな」としか思わない呑気な私たち。

 

予約していた宿に到着したので「おばあちゃんを家まで送り届けてね」ってドライバーにお願いして別れようとしたら

 

「ここまで連れてきてあげたからチップ頂戴」的な事を言い始めたおばあちゃん。みずほがチップ渡しても「足りない」というおばあちゃん。

 

 

「誰なんだい、このおばあちゃんは?」とドライバーw

 

 

誰なんだろ( ̄▽ ̄;)

 

 

揉めてる最中に「写真を撮ろう」と言い出すおばあちゃんw謎の行動だ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171231221832j:plain

一応笑顔で応じる大人なみずほと、こんな時に何で写真撮りたがるんだよと思ってる私(笑)

 

結局宿のスタッフが対応してくれて事なきを得たけど、最後までおばあちゃんが何をしたかったのか分からないままでした。

 

 

タシケントの宿にチェックイン

 

出だしから躓いたけど、ウズベキスタンの首都タシケントでチェックインした宿はトップチャンホステル

f:id:l-traveler-lovetabi:20171125234512j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20171125234752j:plain

朝食付で1泊10ドル(約1,112円)。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171125233943j:plain

ネットするには困らない速さのWi-Fiだからブログ書き放題。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171125235029j:plain

共有スペースは3ヵ所、キッチンあり。シャワー、トイレは男女別で女性は2個ずつ。スタッフは親切だし、可愛くて綺麗な宿だったので連泊する事に◎

 

次回、タシケントの美容室で髪染めます!


スポンサーリンク