Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

キャンディ観光と、絶対に泊まってはいけない宿


スポンサーリンク

こんにちは。モロッコなうのLトラベラーのRIEです。

 

現在地はモロッコのメルズーガ( ^ω^ )夕方から砂漠ツアーに行ってきます。

 

 

カミングアウト体験談を挟み、前々回はスリランで一番テンションが上がった紅茶列車の乗車レポートをお届けしました。

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

  

本日はスリランカのキャンディ編。キャンディのオススメしない宿と訪れた観光スポットをまとめたので参考までにどーぞ!

 

旅友達とキャンディ観光したよ

 

キャンディで絶対に泊まってはいけない宿

 

紅茶列車にてキャンディに移動してきた私。チェックインしたのはヴィラ 92

 

キャンディのバスターミナルから徒歩圏内。清潔だし、ロッカーあるし、普通に泊まる分には良い宿です。ただ難あり。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025803j:plain

 

若いオーナーがちょっと変

・理由もなく部屋に来ては全員いるかチェックしたり、ファンが回っているか確認しに来て謎過ぎる。

 

30代前後の男性スタッフが変態

マッサージしてあげると何度も部屋に来る。

・夜23時過ぎに部屋の鍵を開けようとする

・洗濯してあげるからと勝手に人の服を奪う

シャワーを浴びてたら、下から覗かれる

 

(-_-)

 

よくもまあ、こんな私に。。。趣味が悪いとかしか言いようがないですが、もっと女性らしい人が相手だったら、更にエスカレートするんじゃないかな。

 

 

おじさんのオーナーは良い人だし、男性や女同士複数人で泊まる分なら大丈夫。女性一人で同室ドミに誰もいない状況なら安全のために違う宿にした方がいいです。ご注意を。

 

 

巨大庭園、ペラデニヤ植物園

 

さて、ヌワラエリヤで知り合った友達からオススメされて訪れたキャンディの観光スポットぺペラデニヤ植物園。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025033j:plain

キャンディ市内からバスで片道16スリランカルピー(約12円)。

 

入場料1,500スリランカルピー(約1,118円)です。

 

 

ご一緒したのはドジコンビの相方、レイナちゃーん

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010024858j:plain

タイのソンクランで再会、ミャンマーを一緒に回り、スリランカのキャンディで再び合流しましたwどんだけ会うんだw

 

 

ペラデニヤ植物園はその昔、王が王妃のために作ったスリランカ最大規模の植物園。広大な敷地面積を誇り、ゆっくり時間を掛けて見学するのがベター。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025116j:plain

素敵な庭園をプレゼントされた王妃はさぞ幸せだっただろうな。

 

園内には4千種類の植物に、蝶々や鳥。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025137j:plain
f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025135j:plain

ピクニックやデートしたり、スリランカ人憩いの場になっているようです。  

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025155j:plain

 

数多い植物の中でも蘭は専用の温室を持つほど種類が豊富で、私自身こんなに沢山の蘭を一度に見たのは初めてでした。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025044j:plain
f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025059j:plain
f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025156j:plain

 

これは、ハワイにある「この木なんの木」と同じ種類の木らしい!?

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025335j:plain

ジャンプ写真を撮ろうと試みるもタイミングが合わず何度も撮り直し。疲れ果てて、酷い顔のジャンプ写真が出来上がりましたとさ(あまりの酷さに掲載自粛)。

 

野生の猿や

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025238j:plain
f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025256j:plain
f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025312j:plain

身長の何倍もある高い木、

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025340j:plain

斜めに曲がった木や

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025301j:plain

うねってる木。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025347j:plain

景色がコロコロ変わるので楽しくて、暑さと戦いながら数時間散策しました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025409j:plain

尚、ベラデニヤ植物園にはピンバッジが売ってますYO

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025431j:plain

アジアでほとんど見かけなかったピンバッジに興奮して即お買い上げ! コレクターとしては、ピンバッジが買えただけでも高い入場料を払った甲斐がありましたw

 

 

ライトアップされた夜のキャンディ散策

 

夜のキャンディは、ウェサック祭り期間だったためか(?)ライトアップされていて

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035742j:plain

至るところで音楽が流れ、お祭りムード一色。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035656j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035724j:plain

キャンディで一番有名な仏歯寺も白い電飾が施されていて、絶えない参拝客。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171007035816j:plain

一人だったら夜出歩いていなかったので、一緒に出歩ける友達が居て良かったー^ ^

 

 

登れるホワイトブッダへ

 

キャンディ市内でもう1箇所行きたい場所があったので、トゥクトゥクをチャーター。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025708j:plain

入場料250スリランカルピー(約186円)を支払って辿り着いたのが

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025721j:plain

バヒラワカンダ寺院

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025706j:plain

存在感抜群のホワイトブッダが名物なのですが

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025519j:plain

このホワイトブッダ、ただ見るだけでなく

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025756j:plain

上ることができるんです◎

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025737j:plain

そしてキャンディ市内を一望。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025648j:plain

キャンディには仏歯寺くらいしか主要観光スポットがないので、時間潰しにバヒラワカンダ寺院どうでしょう。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171010025724j:plain

キャンディにてレイナちゃんと別れ、くろぐ!のクロちゃんと再会。一緒にダンブッラへ向かうのでした。

 

次回、ダンブッラにてワークアウェイスタート!!!


スポンサーリンク