Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

当サイトは新サイトに移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトしますので、新サイトにて検索頂き、同記事をお読み下さい。

【ザンスカールトレッキング8、9日目】災難!北インド・パダムで子どもに石を投げつけられる


スポンサーリンク

こんにちは、実家に一時帰国中のLトラベラーRIEです。

 

重い腰を上げて、再出発のチケット取りました。

一気にアルゼンチンのエルカラファテまで飛んで、氷河トレッキングからスタートします。

 

 

ブログはまだ暫くアジア編が続きます。北インドのザンスカールにてトレッキングを行った様子を更新中。前回の記事はこちらです。

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

本日はトレッキング後に移動した町パダムの様子を記事にしました。車道が通る、ザンスカール地方の中では大きな町であるパダムの様子をどうぞご覧下さい。

 

 

ついに最終章!パダム村からレーへ舞い戻り! 

 

ピドゥモ村を出発

 

■DAY8■2017年6月20日■

 

お世話になったガイド・ロブザンの奥さんに挨拶して、ロブザンと共にピドゥモ村を出発です。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031538j:plain

ロブザンはガイドやポーター、コックまでこなすので、トレッキングが盛んな時期はこうやってたまにしか自宅に戻れないんだって。

現在地のピドゥモ村から先は車が通れるので、今日の目的地である町パダムまで車で移動します。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031530j:plain

の前に、今にも壊れそうな橋を渡るミッション。これ完成してる橋なんだろうか。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171227140729j:plain

6人乗りのバンに8人が乗り込み、皆んなうるさいくらいによく喋る。ザンスカール地方の人々は男性も女性も本当によく喋ります。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031524j:plain

「アフターウィスキー、ドライビングリスキー!」なんてジョーク混じりの看板が立つ道中、1週間振りにインド人を見かけました。

 

インドなのにインド人がいない土地にいたせいで、久しぶりのインド人に驚く私(笑)道路工事の仕事でこっちに来ているんだろうと思う。

 

それとこの1週間、車道のない道を歩き続けたおかげで「道の重要性」を再認識。道があって初めて人や物の行き来が盛んになり、村々は発展していくんだと。徐々に車道が作られているザンスカール地方では、今のような手つかずの大自然が見られるのもあと数年と言われています。皆さんお急ぎ下さい!

 

 

ザンスカールの都会!パダムを散策

 

1時間半で到着したザンスカールの都会パダム

やっとグーグルマップ上に表示がある村までやって来ました。

 

パダムから車を乗り換えて今日中にレーへ戻るのかと思いきや、どうやら今日はこの町にステイして翌朝発つらしい。という訳で1日時間ができたので、パダムの町をうろつく事に。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031640j:plain

30分あれば町全体を散策できるほどの町だけど、今まで訪れたザンスカールの村々の中では最も栄えていました。だって、電線が通ってるんだよ!

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031655j:plain

八百屋にパン屋、洋服を売る店やレストラン、ゲストハウス、ツアー会社までありました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031622j:plain

やっぱり欲しい物を欲しい時に買えるって安心する。自然は大好きだし都会も大好きだ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031711j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031720j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031726j:plain

パダムの繁栄具合以上に驚いたのはモスクがあった事。私がモスクを見たのはレーの街が最後でした。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031700j:plain

パダムの町を見渡した感じチベット人ばかりだけど、モスクがあるという事はインド人がそれなりの割合住んでいる証拠だろう。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031644j:plain

もちろんマニ車もありましたよ。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031740j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031735j:plain

 

 

インド人ファミリー撮影会開催

 

今日泊まるホームステイ先のすぐ近くで、テントを張って生活している2家族のインド人ファミリーに出会いました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031803j:plain

写真を撮れ撮れ言われて、かなり長い時間撮影していたのですが、彼女たちには家があり、旦那さんが出稼ぎにこの町へ来ている期間だけ付いてくるそう。定かではないけれど。食べ物に困っている風はなかったです。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031856j:plain

そろそろ帰ろうかとしたら、子どもたちから石を投げつけられる惨事発生( ̄▽ ̄;)

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031918j:plain

さっきまで仲良く遊んでたのに(>_<)もっとカメラで撮って欲しくて、気を引く為に石を投げてきてたみたいだけど、純粋な笑顔を浮かべる彼らが本気の石投げをしてくる(>_<)

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031754j:plain

子どもの数が多いから大量の石が飛んできて危ない(>_<)

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031922j:plain

最終的には背中に石が激突(汗)激痛( ̄◇ ̄;)

 

そしてとても悲しかった。人に向けて石を投げてはいけないと教える大人がいない事に悲しくなった。そこにお母さんいるのにな。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031851j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031832j:plain

その話をホームステイ先のおばさんにしたら、ベッドで腰かける私の膝に顎を乗せて、甘えるように話を聞いてくるではないか(笑)

 

いつから私の彼女になったんだよ!!人懐こすぎるだろ!!笑

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031908j:plain

そんな彼女が作ってくれた今日の晩御飯。色味がある食べ物(にんじん)を久しぶりに見た。うっかりデザートにおばさんを食べちゃいそうになったパダムの夜。

 

 

パダムからレーへ戻るぞぉ

 

■DAY9■2017年6月21日■

 

翌朝、「帰っちゃ嫌!行かないで!」と涙を流す彼女にお別れして乗り込んだ車がこれ。乗り合いだからギュウギュウです。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171222031859j:plain

道中はやたら長い休憩を何度も取り、そこで買ったお菓子を車内で食べてはゴミをお構いなしに外へポイポイ投げ捨てるからびっくり。自然保護って観念がまだないのかな。

 

パダム~レー間もそこそこの悪路で、早朝に出発してレーへ着いたのは夜中でした。

 

憧れだったザンスカール地方の大自然でトレッキング出来たことは、世界一周で上位に入る強烈な体験でした。何処かまだ夢心地のようだけど、夢から覚めても鮮明な記憶が薄れる事はないだろう。

 

次回はトレッキングに掛かった費用や利用した旅行会社の情報をまとめていきまーす!

 

8回に及んだトレッキング記事を読んで下さり本当に有難うございました。1枚でも「この写真の景色スゴイな~」って思って貰えたら本望です( ^ω^ )


スポンサーリンク