Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

当サイトは新サイトに移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトしますので、新サイトにて検索頂き、同記事をお読み下さい。

ミュンヘンからノイシュバンシュタイン城へ日帰りで行ってきた


スポンサーリンク

こんにちは。LトラベラーRIEです。

 

まずはお知らせ。ブログをワードプレスに移行するので、本記事を最後に更新が暫く止まります。新ドメインは公開次第お知らせします。

 

 

オモシロ写真を載せた前回記事のチェックがまだの方は是非どうぞ!

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

本日はミュンヘンから日帰りでノイシュバンシュタイン城へ行った際の記録です。ご覧下さい。

 

 

侮ることなかれ。激混みのノイシュバンシュタイン城

 

ミュンヘンからノイシュバンシュタイン城へ電車移動

 

1ヶ月限定で日本から来てくれたレズビアン友達のしんちゃんと共に、ドイツを旅行中の私。

 

今日はミュンヘンから日帰りで、ノイシュバンシュタイン城へ向かいます。

 

移動は電車。バイエルンチケット往復15.50ユーロ(約2,023円)で買い、ミュンヘン中央駅を9時52分発。フュッセン駅まで2時間。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180730202629j:plain

電車内は混み合っていて、始発のミュンヘンの時点で満席でした。

 

※バイエルンチケットとは、バイエルン州の交通機関が乗り放題になるチケットで、1人より2人、2人より3人、大人数で使った方が1人当たりの料金が安くなります。最大5人まで使用可。券売機で購入出来ます。

 

フュッセン駅からノイシュバンシュタイン城まではバス移動。バイエルンチケットを提示すればバス代不要です◎

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107012934j:plain

皆んな電車を降りた途端に一目散でバスへ向かい、4台待機していたバスは即いっぱいになりました。バスは駅出て右へ!駅出て右だ!!

 

 

ノイシュバンシュタイン城のチケットセンター

 

バスを降りて100メートルほど坂を上がった所にチケットセンターがあります。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107012941j:plain

大丈夫だろうと侮っていたら長蛇の列。。。並んでる間に売り切れていくチケット。。。

 

チケットを買えば、好きな時間に城内を見学できる訳ではなく、時間制なんです。今現在、一番早い回で17時25分。。。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107013315j:plain

オーディオガイドでも英語ガイドでも、城内見学できればいいけど、思いの外進まない行列。

 

帰りの電車に間に合うチケットを買わないといけなくて「売り切れないで」と願いながら並んでました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107013154j:plain

結果、、、私たちがチケットを購入した段階で(13時過ぎ)、

 

 

ノイシュバンシュタイン城の見学チケットは売り切れ

ノイシュバンシュタイン城の見学チケットは売り切れ

ノイシュバンシュタイン城の見学チケットは売り切れ

 

 

ノイシュバンシュタイン城行けず( ̄▽ ̄;)ガーン

 

 

何の為に来たのか。

 

絶望感漂う中、仕方なくホーエンシュヴァンガウ城のチケットを買ったのでした(>_<)

 

8月のヨーロッパ侮るなかれ。事前予約すべきでした。

 

 

ノイシュバンシュタイン城の入場料

 

城内見学の入場料は、ノイシュバンシュタイン城・ホーエンシュヴァンガウ城とも、それぞれ13ユーロ(約1,701円)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107013231j:plain

カメラNGのマークがあり、両城とも内部の撮影は禁止です。 

 

 

ノイシュバンシュタイン城の写真スポットへ

 

チケットセンターからノイシュバンシュタイン城までバスが出ていますが、歩いて上まで行ってみました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107013508j:plain

延々と進むこと45分。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107013636j:plain

暑くて買ったミニオンズのアイス買った!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107013104j:plain

これが大接近したノイシュバンシュタイン城です! 

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107013835j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107013847j:plain

「こんな外観だっけ?」が第一印象。

 

お城から20分進むと、橋に到着します

ノイシュバンシュタイン城の撮影スポット・マリエン橋

 

長い列が出来てたけど「橋の手前じゃなくて奥まで行った方がいい!」と旅友達からアドバイスを貰っていたので、奥へ行ってみたら、空いてました! 

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107014038j:plain

晴れてた事もプラスされ、爽やかなノイシュバンシュタイン城。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107014219j:plain

これこそ思い描いていた光景だ~。ヨーロッパのお城って感じがする。

 

シンデレラ城や眠れる森の美女のモデルになったと言われているんだけど、ピンとくるかな??

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107014412j:plain

雪を被った冬のノイシュバンシュタイン城の方が幻想的で、シンデレラ城に近いような。

 

城内見学出来ない悔いは残るけど、橋から素敵なノイシュバンシュタイン城が望めて、かね満足。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180731220653j:plain

帰りはバスで下まで降りました。1ユーロ(約131円)。


 

ホーエンシュヴァンガウ城見学

 

16時10分、ホーエンシュヴァンガウ城の見学時間です。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107014023j:plain

外観がこちら。城内は写真撮影禁止なので、写真はありません。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107014156j:plain

オーディオガイドを聴きながら、必死にメモした情報によると

 

1830年代、廃墟になっていたお城を、バイエルン王のマクシミリアン2世が息子ルートヴィッヒ2世のために購入し、新ゴシック様式に再建したのが城の始まり

 

ノイシュバンシュタイン城が建てられたのはその後なので、名が知られているのはノイシュバンシュタイン城より、ホーエンシュヴァンガウ城の方が歴史的には古いんですね。

当時から申請すれば、お城の見学が許されていて、なんとも開放的なお城なんだ!と思いました。あの有名なワーグナーも訪れたとか。

 

1905年には電気が通り、5年後にエレベーターを設置。

戦いをテーマにした絵画が飾ってある英雄の間(祝祭の間)。だけどそこに血の描写は一切なく、とにかく"美"を優先させたそう。

 

寝室の壁紙を空模様から夜空に変更したり、ビリヤード台は桜の木、ピアノはクルミの木で作ったり、細部に至るまでこだわりの強さを感じました

 

城内の装飾品や調度品はレプリカかと勘違いするほど、保存状態が良かったです。

 

以上。30分の見学時間で「あんまりお城の見学って好きじゃないかも」と悟ったのでした(笑)

 

 

ノイシュバンシュタイン城のレストラン

 

時間が余ったので、バス停とチケットセンターの間にあるレストランで一休み。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107014555j:plain

白ソーセージとプレッツェルを注文しました!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107013650j:plain

今まで飲んだビールの中で一番美味しいビールに出会って大喜びするしんちゃん。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107014502j:plain

ビール通のしんちゃんを唸らせたビールはケーニッヒ ルードヴィッヒ ヴァイスビア ヘル。見かけた際はお試しあれ。

 

 

ノイシュバンシュタイン城からミュンヘンへ

 

日帰り観光を終えてミュンヘンへ。バス停横の水飲み場が人気で、混み合ってたよ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107014647j:plain

ヨーロッパは水飲み場が多いし、水道水が飲めるから助かります。

 

ノイシュバンシュタイン城からフュッセン駅へ戻るバスは案の定、長蛇の列。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107014740j:plain

フュッセン駅発の電車は、遅延で1時間遅れ。22時過ぎにミュンヘン着となりました。

 

 

ミュンヘンのビアガーデン

 

ミュンヘン中央駅前で見つけた「Augustiner Keller(アウグスティナー ケラー)」

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107014930j:plain

ミュンヘンで最も古い醸造所で、オクトーバーフェスでもないのに、大勢が広い敷地内でビール片手に盛り上がってました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107014822j:plain

オーダーを取ってくれる席と、セルフサービスの席があったようで、私たちは分からずセルフの席へ。

 

社食みたいに料理が並ぶカウンターで好きな物を取れたので、分かり易くて良かったです◎

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107014859j:plain

買ったのは、つまみに最高なスペアリブ!2人で14.10ユーロ(約1,817円)。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107014322j:plain

名物の!?特大ビール。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107014427j:plain

キンキンのビールで、しんちゃんご満悦。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180729115721j:plain

その後、大好きなハリボーを買い込み、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107013519j:plain

大好きなイエガーの小瓶をまとめ買い。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180107015009j:plain

大好きなものが多いドイツを脱し、次の国クロアチアへ移動します。

 

次回からクロアチア編スタート!ブログ移行の関係で更新が暫く止まりまーす。


スポンサーリンク