Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

渡り鳥ライン~電車ごとフェリーに積んでドイツのハンブルクへ


スポンサーリンク

こんにちは、カミーノ出発日のLトラベラーRIEです。

 

段ボールをゲットして、何とかメインバッグをスペインに送れました。ポルトガルは梱包しないとダメなんですよ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180327022841j:image

カミーノに背負っていくリュックが思いの外軽かったので、パソコン持っていく事にしたよーっ!Wi-Fiと体力的な余裕があればブログ書きたいな^ ^

 

 

さて、ブログはコペンハーゲンにある老舗ゲイバーの様子を紹介したのが前回。 

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

 本日はとても面白い方法でデンマークからドイツへ移動した際の話です!どうぞご覧下さい。

 

 

デンマーク・コペンハーゲンからドイツ・ハンブルクへ列車+フェリー移動 

 

渡り鳥ラインって何!? 

 

1ヶ月間限定で日本から合流中のL友達しんちゃんと共に"渡り鳥ライン"なるものを利用して、デンマークのコペンハーゲンからドイツのハンブルク列車+フェリーで移動しました。

 

フェリーに乗り降りする前後で列車を乗り換えるかと思いきや、列車ごとフェリーに乗せて運ぶという珍しい方法をとるこの区間。日本からツアーが組まれていたり、鉄道マニアの間で人気の路線だそう。

 

実際私たちも面白い移動方法を体験してみたくて、飛行機やバスでなく、列車+フェリーの渡り鳥ラインを選びました。

 

 

コペンハーゲンでハンブルク行きのチケット購入

 

渡り鳥ラインのチケットは前日のうちに、コペンハーゲン中央駅にて購入。

人気路線なので、チケットは早めに購入した方が良さそうです。

 

駅構内にあるこの建物の1階にチケット売り場があります。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180326092449j:plain

番号札を取り、設置してあるパソコンで予約したい日時の列車を調べて、順番が来るまで待機。

 

外に列ができるほど混雑していて30分以上待ちましたが、チケット購入はスムーズでした。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180326092438j:plain

コペンハーゲンからハンブルクまでフェリー代込みの2等列車代=531.5クローネ(約8,945円)。写真は2人分の代金です。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180327021433j:plain

安く移動したい方にはバスがオススメ。 

 

 

渡り鳥ラインで大はしゃぎ!乗車乗船レポート

 

チケット購入日の翌日15時27分、コペンハーゲン中央駅からハンブルク行きの列車に乗り込みました。

 

移動が楽しみすぎて、浮かれてお菓子とジュースを持ってきた私(笑)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102002145j:plain

浮かれてビールを持ってきたしんちゃん(笑)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102002221j:plain

類は友を呼ぶw

 

指定席の車内は快適そのもの!日本の新幹線みたいな、ドイツの列車です。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102002258j:plain

私は反対側の席に座っていた男性に呼ばれてお喋り。席でウトウトし始めるしんちゃん。

 

大事なシーンを見逃す訳にいかないんだー!!!と話に集中出来ず窓の外ばかり見ちゃった。笑

 

走り始めて2時間ちょっとで、電車に乗ったままフェリーに突っ込んで積まれていきました!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102002332j:plain

このシーンはだいぶ興奮して動画に収めた私たちに対して、他の乗客は電車がフェリーに入ろうとお構いなし(;´∀`)珍しい光景ではないんかな?

 

アナウンス後、一気に列車から乗客が降りていきます。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102002408j:plain

 

ここから1時間弱のフェリーの旅\(^ω^)/

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102002445j:plain

船内が立派で驚く私と、興奮して足早のしんちゃん(笑)水色のキャップ被って先を急ぐ↓笑

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102002519j:plain

船内を簡単に紹介すると、コンビニ的なもの。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102002600j:plain

お酒、化粧品、お菓子など空港に負けない品揃えの免税店。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102002644j:plain

ゲームコーナー!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102002724j:plain

談笑スペース。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102002754j:plain

レストラン。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180327021105j:plain

ビュッフェってさ、食べてる時間なくない!?( ̄▽ ̄;)※ビュッフェ以外のメニューあり

 

そうそう、ドイツを行き来しているだけあって、ドイツ産のイエガーマイスターは大小様々な瓶が揃ってました。イエガー大好きなのでドイツ楽しみだ!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102002838j:plain

それにしても1時間弱の移動なのに充実した設備の船。長時間乗っていたいくらい綺麗だし降りたくないな。

 

船内散策後はデッキでのんびり。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102002934j:plain

黒パッケージが珍しいカールスバーグのビール缶!緑缶はよく見るけど黒って初めて見た。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102003010j:plain

もちろんチョコも買ったよー!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180327021202j:plain

1時間弱のフェリータイムはあっという間に過ぎて、電車に戻るようアナウンスが。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102003047j:plain

フェリー旅を終えて、いつの間にか走り出す電車。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102001851j:plain

そしてドイツ側の線路に接続されたー!!すごー!! 

 

EU圏内の移動だからパスポートチェックなしで、すんなりドイツ入国です\(^o^)/イェイ

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102001814j:plain

出発から5時間後の20時半、ハンブルク駅に到着しました!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102002010j:plain

普段は寝たり本を読んで過ごす移動時間だけど、今回ばかりは一睡もせず。

 

気分が高揚して胸高鳴った、渡り鳥ラインでした

f:id:l-traveler-lovetabi:20180102001924j:plain

開通予定の橋が完成したら廃止されるという噂があるので、興味がある方はお早めに!

 

 

ハンブルクの宿

 

はいっ。現在地はドイツのハンブルク。

一泊してすぐにベルリンへ向かいます。

 

チェックインしたのはジェネレーター ハンブルクというオシャレ宿。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180327022041j:plain

普通に綺麗で、各ベッドにコンセントとライト、ベッド下にロッカーがあったよ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180327022013j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180327022027j:plain

バス・トイレは別々で、各部屋に付いてます。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180327022058j:plain

ちょっと狭いけど、出来たばかりの宿なのかと勘違いするほど、清潔感漂ってました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180327022112j:plain

ハンブルク駅から歩いてすぐなので、駅近で探している立地重視の方にオススメです◎

 

以上、渡り鳥ライン乗車乗船記録でした。

ドイツブログは計6回に渡ってお届けします^ ^お楽しみに!


スポンサーリンク