Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

運命感じちゃってもいいですか


スポンサーリンク

こんにちは。明日アズレージョの体験教室に行くLトラベラーRIEです。

 

何度もブログに書いてるけど、アズレージョとはポルトガルの伝統的なタイルの事で、見ているだけでは飽き足りず、実際の創作過程を学びたくなったので1日体験教室に参加する事にしましたー!期待大。

完成タイルはそのうちインスタツイッターかブログに載せます。

 

 

女医さん看護師さんに浮かれた巡礼13日目を終え、

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

本日はカミーノ巡礼14日目!3日坊主にならず14日目に突入したカミーノ巡礼ですが、久しぶりのハードモードに直面です。その様子と後に起こる奇蹟をご覧下さい。

 

 

これこそ運命の巡り合わせ

 

小雨降りしきる朝

 

2018年4月12日(巡礼14日目)

出発地:Sao Joao da Madeira

目的地:Grijo

想定距離:19km

 

7時40分、いつもより早く出発した巡礼14日目。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414084742j:plain

スペイン人男性のいびきが鳴り響いて、熟睡できない日が3日間続いてる。

 

普段なら我慢できるけど、何時間も歩き続ける巡礼中に眠れないのは辛い。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414084811j:plain

なんて愚痴っても仕方がないので、前進あるのみ!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414084825j:plain

今日もまた雨だけど(泣) 

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414084840j:plain

黄色い矢印に導かれ、地道にサンティアゴ・デ・コンポステラを目指しましょう!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414084856j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414084756j:plain

 

 

急がずゆっくり自分のペースで

 

今日のルートはアスファルトの道が多めだけど、たまに石畳や舗装されていない道がある。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414084909j:plain

この道も、先へ進むとアスファルトになっていたから、数年したらアスファルトに変わってしまうんだろうなあ。

 

急に切なくなって、この道が愛しく思えた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414084925j:plain

黄色いポンチョを着て先を歩くのはイギリス人のジャネットさんだ!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414084941j:plain

彼女は防水ジャケットを持っておらず、ポンチョに傘スタイル。ポールを持たないなら傘ありだと思う。

 

一緒に数分間歩くも、ペースが速いから先に行って貰った。

 

カミーノで大事なのは「Take your time.」!急がずゆっくりと、自分のペースで歩いたらいい。

 

ゆっくり歩いたおかげで見逃さなかった矢印!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414084957j:plain

これは本当に分かりにくいよね(汗)

 

続いては、思わず2度見した「Reiki 霊気」タイル!何これw

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414085011j:plain

ポルトガル人のお宅なのかどうかは謎のまま。

 

で、吠える犬ゾーン!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414085023j:plain

飼い犬だけど、鎖に繋がれておらず今にも飛び掛かってきそうでビビる私(>_<)犬コワイ。

 

今日の目的地Grijoに入ると、一昨日振りにイギリス人夫婦と再会した。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414085038j:plain

雨が強いから2人はバスに乗ってポルトまで向かうそう。また会えるといいなぁ。

 

 

泊まるのやめますアルベルゲ

 

13時。道に迷いながら本日のアルベルゲ「Albergue de peregrinos Sao Salvador de Grijo」に到着。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414084730j:plain

早く雨で冷えた体を温めたい!受付は夕方からだけど、部屋に居ていいって。

 

このアルベルゲには2人部屋ドミが3室あったんだけど、どの部屋も掃除されておらず、ぐちゃぐちゃな布団に汚れたシーツ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414085050j:plain

ヒーターがない上に、部屋の扉が3室ともなくて、雨だから余計に寒くて、宿泊者が残していったノートには「寒い部屋をありがとう!」って書いてあったwww

 

シャワー室もこの通り壊れてる~。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414085113j:plain

ベッドが汚いから横になるのも嫌で、じっと座って寒さに耐えた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414085102j:plain

 

これ眠れないわ!!

 

そう判断したのは、到着から1時間半後の14時30分

 

まだ日中なのにこんなに寒いなんて、夜になったら絶対に眠れない。

そのうちスペイン人の男性が来る予定なんだけど、部屋に扉がないから今夜もいびきに悩まされるだろう。

 

寒いアルベルゲで眠れない夜を過ごすより、雨の中を歩いてでも綺麗な宿でゆっくり眠りたい。今から出れば暗くなる前に着けるはず!!

 

行こう!!!

 

12キロ先まで宿がないけど( ̄▽ ̄;)

 

い、い、行ける、かな・・・?

 

 

優しくしてくれなくていいよ

 

アルベルゲを出て歩き出すと、1時間半前に再会したイギリス人夫婦がまだいる!!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414085629j:plain

1時間半屋根のない場所で待ってるのに、バスが来ないんだって(>_<)

 

私も今から12キロ歩く事を伝えて、お互いの幸運を祈り合い、別れた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414085646j:plain

降り注ぐ雨は容赦なく私の体を冷やしていく。

 

だけど、今更引き返す訳にはいかない。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414085703j:plain

流れてくる雨水に立ち向かうが如く、森の中を必死で登り続けた。

 

奇跡的に雨が止んだりしないかな?なんて期待は外れて、一段と強さを増す雨。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414085737j:plain

誕生日の日と同じく、学校が休校になるレベルの雨だよ。

 

通りで人っ子一人が居ないわけだ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414085752j:plain

天気の神様は私に優しくない。だけど、気持ちさえ強く持っていれば。

 

12キロの道のりが、1時間後には9キロになった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414085804j:plain

あと2時間半、いや3時間歩けば着くだろう。

 

立ち止まったって、宿がないんだから進むしかない。笑

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414085820j:plain

苦戦した森を抜けて大きな道路に出た。屋根のあるバス停で暫し休憩。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414085614j:plain

通り過ぎて行くバスは、私の目的地まで行くのかな。

 

消耗していく体力に呼応するかのように、奪われていく気力。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414091426j:plain

街中に入ると、まばらながら人とすれ違うようになったけど、

 

傘を差さずびしょ濡れの姿で覇気なく歩く私。哀れんだ目で見られてる気がして、前を向けず、この時ばかりは伏し目がちに歩いた。

 

突然。

 

開けた視界。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414091353j:plain

わぁ!ポルトだ!ついにポルト手前まで来た!

 

  

奇蹟ってこういう事を言うんだろうな

 

という訳で、再出発から4時間後の18時30分、今日の目的地であるポルト手前のVila Nova de Gaiaに到着。

 

目星を付けておいた宿はベルを鳴らしても反応がなく、第二候補の「Hostel Gaia Porto」へ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180428011946j:plain

超清潔!豪華な朝食付きで18ユーロ(約2,263円)。

 

案内された4人ドミの扉を開けると、そこには奇蹟

 

え?嘘?何で?

 

何処まで行く、何処へ泊まるなんて話は一切してないし、周辺は宿が密集してる。

橋を渡ればポルトガル第二の都市ポルト。ポルトまで行く事だって出来たのに。

 

目の前にイギリス人のジャネットさんが居た

 

偶然ポルト手前の町で止まって、偶然同じ宿にチェックイン!そして偶然同じ部屋。

 

これを奇蹟と呼ばずして何と呼ぼう。

 

奇蹟を祝して乾杯!※ウェルカムドリンクのワインです

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414091407j:plain

一気にジャネットさんとの距離が縮まった気がした。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414091417j:plain

そういえば夢中で歩いていたせいか、今日は1度もカフェで休憩を取っておらず、

 

お腹を空かせた私はジャネットさんと近くのレストランへ。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414092213j:plain

奇蹟の再会とポルト手前まで辿り着いた事を祝して、2人でコースを注文した。

 

スープ、パン、サラダ、メイン、デザート、紅茶が付いて15ユーロ(約1,886円)。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414092229j:plain

宿も食事もいつもより高いけど、たまにはいいでしょ^ ^

 

このオレオムース絶品だったし!1,000円払ってでも、また食べたい。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414092131j:plain

 

 

目の前に広がるポルトの夜景を眺めながら、リスボンからポルトまで2週間掛けて歩いて来たんだなーとしみじみ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414092145j:plain

リスボンに居た頃は遥か遠くだったポルトが、すぐそこにある。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414092157j:plain

ねぇ。一念岩をも通すし、意志ある所に道は開けるよ。

 

このままゴールのサンティアゴ・デ・コンポステラまで強い意志を持ち続けて、道を切り開いていくぞー!!!

 

【カミーノ巡礼14日目】

出発地:Sao Joao da Madeira

目的地:Grijo→Vila Nova de Gaia

歩行距離:19km→34.7km(約9時間半)

※Grijoのアルベルゲで過ごした1時間半除く


スポンサーリンク