Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

当サイトは新サイトに移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトしますので、新サイトにて検索頂き、同記事をお読み下さい。

私がカミーノ巡礼を始めた理由


スポンサーリンク

こんにちは、LトラベラーRIEです。

 

日々歩き疲れて早くに眠ってしまい、すっかり早寝早起きになってます(汗)ブログをもう少し頑張って書きたいところ。

 

 

さて、誕生日だった4月9日の記事が前回。

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

本日は4月10日、カミーノ巡礼12日目の話です。12日目はどんな道を歩き、何を感じたのでしょうか。 

 

 

雨に濡れ、涙に濡れた、クレデンシャル

 

雨で始まる巡礼12日目 

 

2018年4月10日(巡礼12日目)

出発地:Agueda

目的地:Albergaria a Noba

想定距離:22.3km

 

巡礼中1位2位を争う心地良いアルベルゲを後に、カミーノ12日目が始まった。

 

残念ながら今日も雨。ここ最近雨が続いてる。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414074003j:plain

雨の日はポンチョを被っている巡礼者が大多数。私はポンチョが嫌なので、モンベルのゴアテックスジャケットを着用してる。

 

だけど暫くアイロンをかけていないから、防水効果は激減する一方で困りもの。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414074021j:plain

ポンチョを持ってくるべきだったと悔やみながら歩き続けた。

 

 

泳ぐ?泳がない?

 

出発から1時間半後の10時。アスファルトを抜けて、林を左へ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414074037j:plain

奥の小道を回り込んで、アスファルトの道へ出る順路だ。

 

しかし!!!!!

 

道が浸水してる~

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414074055j:plain

写真右の矢印が示す通り、普段なら真っ直ぐ進めるはずなんだけど、水量やばし

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414074113j:plain

連日の降水量が尋常ではない事を思い知った瞬間である( ̄▽ ̄;)

  

泳ぐ?

 

いや、泳がない!!!

 

リュックの中にカメラやパソコンがあるから危険は冒さず、違う道から巡礼路へ戻った。

 

今日も雨の日定番トラックから水パッシャーン攻撃を受けながら、大通りを黙々と直進。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414074137j:plain

こういう時は無になるのが一番だと、この数日間で学び得た。

 

途中の橋から見えた川?

f:id:l-traveler-lovetabi:20180428015550j:plain

やはり連日の降水量は尋常ではないんだと再認識した瞬間である( ̄▽ ̄;)

 

 

私がカミーノ巡礼を始めた理由

 

そういえば昨日、元同居人の友達から誕生日メッセージと併せて

 

「歩いて何してるの?」とラインが届いていたのを思い出した。

 

興味ない人からしたら、数百キロに及ぶ道を毎日歩き続けて何がしたいのか、疑問に思うのは当然だろう。

 

 

「世界一周ルート大公開」で記した通り、私は世界一周出発前から「世界一周中にカミーノ巡礼する」と決めていて、漸く今実現している。

 

 

カミーノをしたかった理由はいくつかあるけれど1番大きな割合を占めているのは、

これまでの旅を静かに振り返る時間、これからの事をじっくり考える時間が欲しかったから。考え事をするには、歩いている時間が適している。

 

次に、とにかく歩く事が好きだから。

 

数百キロ歩き続けた後に、自分が何を感じるのか知りたいというのも理由の一つ。

 

この時期を選んだのは、自分への誕生日プレゼントとして。その結果→誕生日 20人ドミに 1人きり( ̄▽ ̄;)

 

そんな理由で、きっかけは"自分の為"だったカミーノだけれど、いつしか"自分の為"だけではなく"人の為"に歩くようになった。勿論、結局は自己満足なんだけど。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180428015954j:plain

自分の為だけでなく、誰かの為に歩く事で、"巡礼の意味"が増して、必ずやり遂げよう!という想いが強くなった

 

誰かの存在は、もう一歩・あと一歩踏み出すパワーになって、私を前へと推し進めてくれる

 

巡礼者が故郷から持ってきた石や、途中の道で拾った石を置いて、今まで背負ってきた重荷をおろす・願いを込める、フランス人の道にある「鉄の十字架」と呼ばれる場所。

 

ポルトガルの道ではそういった特別な場所はなく、道中で石を置く場所は各々様々。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414074227j:plain

別に決めていた訳ではないけれど、ふと導かれるようにして今日、私は1つ目の石を置いた。

 

 

11時30分。今日1番大きな町へ辿り着いたから、お昼休憩を取ろうか迷ったけれど、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414074239j:plain

残り10キロ、2時間ちょっとで着くから、休憩は取らずこのまま進む事に。

 

終盤の林ゾーンで、最後に難関に直面!どこをどう進めと?(涙)
f:id:l-traveler-lovetabi:20180414074255j:plain

木々の中を突き進んでみたものの限界があり、今日も靴の中まで水浸し。

 

午後になると、晴れ間が出てきた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414074326j:plain

早くシャワーを浴びて、雨で冷えた身体を温めたい。

 

 

本日のアルベルゲを紹介します

 

13時30分。Albergaria a Nobaにあるアルベルゲに到着。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414074338j:plain

1泊10ユーロ(約1,257円)の「Albergue Albergaria a Noba」というアルベルゲで、ご夫婦と息子さんが営んでいる。

 

部屋はヒーターありの6人ドミを選択。2人ドミを選べば個室状態だけれど、ヒーターなしなので遠慮しておいた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414074430j:plain

同じアルベルゲにイギリス人女性、スペイン人男性、イギリス人夫婦に、ニュージーランド人夫婦。ここ数日の間に会った人ばかり。必然的に毎日顔を合わせる人が決まってきたように思う

 

シャワー&トイレは3つ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414074441j:plain

6ヵ所の穴から水が出てくるシャワーって、一体何の為にいつどうやって使うの?(笑)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414074316j:plain

キッチンあり、バーあり、可愛い犬が2匹いる。

 

そして今日のお昼ご飯!!なんと、家族のランチに混ぜてもらった!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414074413j:plain

とてもアットホームなアルベルゲで。まるで家にいるような感覚でくつろげた。

 

無事に歩き切って、素敵な家族に出逢えて、今日も良い1日だったなぁ。

 

雨でクレデンシャルがボロボロになった事を除いてね( ̄▽ ̄;)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180414074337j:plain

今日も、泣いてもいいですか?(3日連続)

 

せっかく押してもらったスタンプたちが滲んでしまってツライ。。。

 

【カミーノ巡礼12日目】

出発地:Agueda

目的地:Albergaria a Noba

歩行距離:約19km(約5時間)


スポンサーリンク