Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

当サイトは新サイトに移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトしますので、新サイトにて検索頂き、同記事をお読み下さい。

カミーノ巡礼とは、己との戦いであると同時に野良犬との戦いである


スポンサーリンク

こんにちは。LトラベラーRIEです。

 

「バンコク お持ち帰りできないゴーゴーバー」で検索して、この記事を見に来てくれた方がいたようです。ありがとうございます。

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

だけど、お持ち帰りできますからね!?

 

あなたに持ち帰る勇気があるのなら!!

 

「趣味が悪い」と言われるストライクゾーンが広い私でも無理だった、バンコクのゴーゴーバーで起きた事件については上の記事ご参照下さい。笑

 

 

さて、ブログはカミーノ巡礼6日目が終了。巡礼をお休みしてトマール観光へ出掛けたのが前回です。

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

本日はカミーノ巡礼編に戻って7日目に入ります。1日ぶりに歩いた7日目はどんな日になったのでしょうか。

 

 

なんて日だ!!

 

Tomarを出発

 

2018年4月3日(巡礼7日目)

出発地:Tomar

目的地:Alvaiazere

想定距離:33.2km 

 

Tomarのホステルで2泊した翌朝8時20分、カミーノ巡礼7日目が幕を開けた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407075540j:plain

生憎、昨日から雨が降ったり止んだりしているので、雨が強くならないうちに目的地へ近付きたいところ。

 

あ!紹介します、旅のお守り、仲間の印、仁君です。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407075544j:plain

辛い時に仁君を見て励みにするんだ。苦しい時に仁君を握り締めてパワーを貰うんだ。※草野仁さんのファンではありません

 

地図によると今日の行程は、森ゾーンが半数、残り半分はアスファルトが占めるらしい。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407075641j:plain

通過する町とアルベルゲの位置は前日夜に、今日はこういう道が何割占めます情報は、毎朝確認して目安にしてる。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407080453j:plain

 さて、本日初めて発した言葉は「Buen Camino(ブエンカミーノ)!!!」。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407075602j:plain

板に着いてきた「良い巡礼を!」の挨拶を、私より早くに宿を出た男性に掛け、追い越すも彼は言葉を発さず( ̄▽ ̄;)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407075622j:plain

歩いて1時間ちょっとで見晴らしの良い場所へ出た。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407080511j:plain

天候は今のところ大丈夫そうだ。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407080435j:plain

 

 

上げて下げて上げるやつ

 

森ゾーンを一旦抜けて町ゾーンへ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407080529j:plain

素敵なデザインのタイルを見たいから、町へ入るとどうしてもキョロキョロしてしまう。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407080633j:plain

もう一つキョロキョロする理由が!小さな町には野良犬が多くて困ってる(>_<)

 

おかげで「必殺、忍び足!犬に気付かれぬようポールは使わず静かに歩く」を習得したけれど、カミーノ以外で役立つ日は来そうにない。

 

教会。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407080702j:plain

教会。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407080724j:plain

カフェより教会の方が多いのに、9割方が閉まっている謎。

 

町を抜けると下り坂。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407080710j:plain

さっき上りが続いたから、下りが続くのね、やったー!

 

↓↓↓

 

やったー!じゃなーい( ̄▽ ̄;)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407080722j:plain

大人しく上りました(~_~;)

 

上り疲れて一休みしてる私を、冷たい目で見ないで欲しいなぁ。笑

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407080746j:plain

 

 

本日1番の癒しスポット

 

歩き始めて3時間後の11時30分、川でくつろぐ50代位の女性と出逢った。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407080822j:plain

「昨年ポルトからサンティアゴ・デ・コンポステラまで歩いたから、今年はリスボンからポルトまで歩いてるの。私はリトアニア出身だけど何処にある国か知らないでしょう?」と笑う彼女。

 

「昨年リトアニアへ行きました。私、リトアニア料理が大好きなんです!」と答えると、とても喜んでいた。世界一周して良かった!と強く思う機会の一つである。

 

 

彼女は旦那さん+友達夫婦の4人でポルトガルの道を歩いていて、他の3人は先を歩いている様子。私に場所を譲ってくれて去って行ったけど、

 

日本だったら、友達夫婦2組で2週間近く掛けて歩くって有り得ない発想だよね。関係性や在り方、選ぶもの、何もかもが違うんだなーって思った。

 

そんな彼女がくつろいでいた場所がココ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407080830j:plain

川に置いてある石に座るといいよ、と教えてくれたのでそれに倣う。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407080851j:plain

ほぅほぅ。川のせせらぎと鳥の鳴き声しか聞こえない。

 

ヒーリングミュージックの生演奏を独占できる特等席ですか。

 

歩く事から離れ、のんびり自然に浸れた数十分。彼女のおかげで究極の癒しスポットを体感して、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407080900j:plain

カミーノの楽しみ方を、また一つ覚えた( ^ω^ )

 

 

続く、緑と茶の景色

 

川沿いの道を逸れて森ゾーンへ入ると、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407080957j:plain

葉や草の緑と土や枝の茶。2色のコントラストが続いた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407081012j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407081629j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407081031j:plain

ごく稀に、黄色い矢印が導いてくれない場合があって、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407081048j:plain

最終的には森で迷子( ̄▽ ̄;) 

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407081746j:plain

1日に行き合う巡礼者の数は多くて3組だから、森で迷子はさすがに焦ったけど

 

何とか森ゾーンを抜け出すと、広がっていた景色。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407081318j:plain

肌寒さが残る春。

 

寒さに耐えて咲く花は、私なんかよりずっと強くて逞しい。

 

大きく息を吸い込んで、花の香りを楽しむと、忘れ去っていた懐かしい香りした。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407081338j:plain

黄色い矢印を必死に辿って、リスボンからどれくらい歩いてきたのだろう。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407081302j:plain

遠く彼方のゴール地点サンティアゴ・デ・コンポステラまで、あとどれくらいだろう。

 

花咲く季節を待っていた花のように、ゴールする頃には強く逞しく咲き誇れる自分であれ

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407081701j:plain

日々を積み重ねていけば、不可能ではないはず。

 

 

雨と犬と私

 

大通りに出ると前方に巡礼者らしき3人組を発見した。彼ら彼女らに習い、ジャケットを羽織り、リュックをカバーで覆う。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407081820j:plain

目的地まで10キロ弱。ついに雨が降り出したのだ。

 

大通りを真っ直ぐ進めば目的地に辿り着く。2時間あれば到着できるだろう。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407081912j:plain

強くなる雨脚に比例して、加速する歩行速度。

 

キタ!お決まりの回り道。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407082010j:plain

だけど、回り道が悪い事ばかりじゃないって知ってるよ。

 

↓↓↓

 

野良犬5匹に取り囲まれた( ̄▽ ̄;)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407082653j:plain

10分間に及ぶ攻防戦の末、野良犬との戦いに負けた私。。。大通りまで戻って直進する方針に転換(笑)

 

いいの、逃げるが勝ち!って言葉があるんだから。

 

↓↓↓

 

トラックに水パッシャーンされて凍える( ̄▽ ̄;)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407082033j:plain

なんて日だ!!

 

 

AlvaiazereのアルベルゲでスタンプGET

 

体を震わせながら、今日の目的地であるAlvaiazereに入ったのは17時ちょうど。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407082040j:plain

町の中心部が閑散としているのは、大雨の影響か、それともイースターの関係か。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407082118j:plain

宿泊施設があるという、町外れの消防署へやって来た。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407082057j:plain

しかし、宿泊施設が修理中で泊まれず。

 

消防署から紹介して貰ったアルベルゲ「ALBERGARIA PINHEIRO」へ。
f:id:l-traveler-lovetabi:20180407081851j:plain

個室のみのアルベルゲで1泊11.50ユーロ。朝食は2.50ユーロで早朝から食べられた。

 

このアルベルゲの売りは、おじさん自慢の特製スタンプ4種類(写真右)。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407082127j:plain

「今から君にスペシャルな4つのプレゼントを贈るよ!」って言うから何かと思ったら、このスタンプかーい(笑)

 

正直1つでいいのだけれど「最高のスタンプだろ!どうだ?」と得意気なおじさん。

 

ありがとう。このスタンプ見たらすぐに、あなたが張り切ってスタンプを押す姿を思い出せるよ^ ^

 

部屋にはベッドが2台。2階だったせいか微弱だけれど、Wi-Fiは部屋で繋がった。シャワー、お手洗いは共有。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407081834j:plain

朝晩冷え込んで寒かったけれど、雨に降られた事を思えばマシだった。

 

夕飯はアルベルゲの裏手にある、美味しいチキン料理専門レストランで頂いた◎

f:id:l-traveler-lovetabi:20180410093056j:plain

 

カミーノ巡礼は、己との戦いであると同時に野良犬との戦いであり、天気との戦いであると知った巡礼7日目

 

巡礼を始めて1週間が経過し、ペースを掴めてきたけれど、慣れが出てくる頃だろう。

 

野良犬との戦いに負けようが、天気との戦いに敗れようが、己との戦いだけには敗北を喫しないよう、気を引き締め直して8日目以降に望みたいと思います!!


【カミーノ7日目】

出発地:Tomar

目的地:Alvaiazere

歩行距離:32km(約9時間) 


スポンサーリンク