Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

スタンドバイミー気分を味わいたいなら、ポルトガルの道へどうぞ


スポンサーリンク

こんにちは。カミーノ巡礼・ポルトガルの道を邁進中のLトラベラーRIEです。

 

そういえば一昨日、私のカミーノエンジェルのポルトガル人女性とバーへ行った時(参照記事)、酔った男性に、

 

「中国人のレズビアンがいるぞー!」と叫ばれた。笑

 

 

レズビアンじゃないわ!

 

(違)

 

中国人じゃないわ!

 

「よくレズだって分かってねw」って感心(笑)ほとんど気付かれないんだけど彼のゲイダーが反応したのかなあw

 

 

今日はレズだと間違われた中国人だと間違われた、翌々日の話。カミーノ巡礼6日目に突入です!

 

その前に~初めて涙した5日目の記事をご覧下さい。 

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

 

1歩1歩着実に進め!

 

ホラー映画さながらの町

 

2018年4月1日(カミーノ巡礼6日目)

出発地:Golega

目的地:Tomar

想定距離:32.1km

 

カミーノ巡礼・ポルトガルの道を歩く巡礼者の朝は遅い。どのブログにも必須と書いてあるヘッドライトの出番は訪れるのだろうか。

 

目が覚めると、心配していた右足裏の痛みは幾分マシになっていたこれなら30キロ歩けそうだ!そう思い、今日の目的地をTomarに決めた!

 

イタリア人のおじさんと挨拶を交わし、一足先に町を出る。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407071021j:plain

写真は宿泊した消防署にあるレモンの木。ポルトガルの道ではこの時期、レモンやオレンジの木がそこら中にあります。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403013000j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403014215j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403014608j:plain

Golegaの町を抜け、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403015246j:plain

暫く歩くと、とある町に辿り着いた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403033629j:plain

ほとんど住んでいる人はいなさそう。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403034456j:plain

夜に通ったら怖い、ホラー映画に出てきそうな町だった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403034841j:plain

だけど、この町にも沢山の人が住んでいた時代があったのだろう。

 

盛者必衰の理

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403035123j:plain

だからこそ、この一瞬に意味を持たせるか否かは"自分次第"

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403035520j:plain

 

 

急斜面との戦い

 

次の町は高級住宅街。ただし人影はほとんどなく別荘地なのかな。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403035846j:plain

教会の時計の針は11時5分を指していた。いつの間にか歩き始めて3時間が経過していたらしい。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403040230j:plain

足裏の痛みが和らいでいるからか、歩き続ける事に慣れて来たからか、この頃から荷物の重みを感じなくなった

 

"気持ちが軽いと、荷物が重く感じない"という不思議。

 

町から町を抜け、舗装されていない道を行く。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403040521j:plain

分かれ道!肝心の矢印はどこ???

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403040744j:plain

見つけた( ̄▽ ̄;) 

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403041406j:plain

誰かがうっかり足で蹴飛ばしちゃって、矢印の向きが変わっちゃったら・・・。そう考えると怖い(>_<)

 

っと、登りですか!!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403043135j:plain

巡礼初の急斜面は楽々クリア!!登ったり下ったりの繰り返しが続く。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403043922j:plain

言うほど大変ではなかったけれど、世界一周しながら山登りしたり、トレッキングした効果が数パーセントはあったと思いたい。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403045041j:plain

この後、山だか森だかの巡礼路は1時間半続いた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407072420j:plain

 

 

カフェで30分の休憩タ~イム

 

13時20分、歩き始めて5時間後、今日初めて営業しているカフェを発見したので迷わず入店!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403043514j:plain

個人経営の小さなカフェでも、ほぼWi-Fi完備だから助かる。

 

今日のお昼ご飯兼おやつ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403043048j:plain

巡礼を始めてから、ちゃんとした食事は夜のみ取って、午前中~夕方まではチョコや甘い物かチョコパンを都度食べている。自分的には理想的な食事スタイル。

 

「沢山歩くんだから、ちゃんと食べないと倒れちゃうよ!」「野菜を食べないと!」「ビタミン不足だからフルーツ食べた方がいいよ!」とかいう意見は丁重にお断りします。笑

 

カフェを出ると、イタリア人のおじさんが後ろから「ジャポーネ(日本人)」と声を掛けて来た。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403044104j:plain

疲れ切った表情で「先ほどの急斜面に手こずって大変だった」と話していたけど、66歳のおじさんが毎日30キロ近く歩き続けている事に敬服する

 

 

ポルトガルでスタンドバイミーコース歩いちゃう?

 

おじさんと別れて歩いていると、巨大な矢印を発見!「分かり易くてイイねー!」と思ったら、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403044912j:plain

ただの道路標識でした( ̄▽ ̄;)笑

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403045305j:plain

大通りを左に真っ直ぐ進めば、今日の目的地に到着なのだけれど、巡礼路はそんなに優しくない。  

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403045522j:plain

脇道にある線路沿いを歩いて行きなさいという導きに従い、ペルーのマチュピチュに続き、この旅2度目のスタンドバイミーコース!イェイ

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403045719j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403045832j:plain

「やっと大通りに出られるぞ!」という期待を裏切る、目的地Tomar→とは反対側←を示す黄色い矢印(泣)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403050415j:plain

丘を上って、ぐるっと回り込まないといけないらしい。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403050536j:plain

最後の最後でコレか・・・と思わず笑いがこみ上げてきた。

 

だけど、回り込んだおかげで見れた景色がある。 手を振ってくれたおじさんに会えた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403050628j:plain

誰かと競争してる訳じゃないし、早く着けばいいってもんじゃない。

 

遠回りした方が良い時もある

 

 

Tomarのオススメ宿

 

丘から降りて、ついにTomarの町へ足を踏み入れた! 宿までもうひと踏ん張りだー。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403051120j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403051228j:plain

Tomarは今まで巡礼で訪れてきた町より規模が大きく、リスボンやポルトには劣るけど観光地となっています。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403051351j:plain

私は1泊ではなく2泊して観光+身体を休める事にした。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403051816j:plain

観光地だけに日本食レストランや、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403051924j:plain

ゲバラ氏が居たよ!何故ゲバラ?

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403052120j:plain

さて。今日泊まるのはアルベルゲと紹介されていたホステル 2300 トマール

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403051501j:plain

巡礼6日目にして初のアルベルゲだ!ホステルだけど(汗) 

 

部屋は女性専用6人ドミ。新しくて清潔。ロッカーあり。ただしWi-Fiが部屋だと繋がりにくい。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403051556j:plain

2泊目に3人の女性巡礼者がチェックインしてきて、皆んなTomarに2泊すると話してた。身体を休める意味でも、たまの連泊は必要だと思う。

 

シャワーやお手洗いは男女別で、ドライヤーが付いていたのはポイントが高い。この時期寒いから余計に。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407072828j:image

写真はキッチン。とても綺麗だった◎

 

朝食付で、早朝出発する巡礼者が多いからか、夜のうちに用意してくれるので朝早くから食べられる点も評価が高い理由かな。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407072913j:image

Wi-Fiが弱い事を除けば、巡礼者以外にもオススメのホステルです。 

 

 

初!巡礼者専用メニューをオーダー

 

キッチンが付いていても自炊する気はさらさらなく、本日の夕飯は宿から歩いて3分の所にあるレストランで。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403052233j:plain

ここには、5ユーロで食べられる巡礼者専用のメニューがあるんだって。クレデンシャル必須、19時~対応との事。

 

メインは日替わり。ベジタリアンレストランだから肉料理は置いていない。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403052325j:plain

写真のビールは別で注文したもの。近くに座っていた夫婦から「ビールが美味しいよ!」と勧められたので飲んでみたけど、特別美味しい!と感動する味ではなかった~(泣)

 

食事はパン、野菜スープ、パイ包みの白味魚、マッシュルーム料理。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403052423j:plain

全体的に薄味で、ベジタリアンにはなれそうにない(笑)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403052532j:plain

食後にフルーツがあったみたいだけど、お腹がいっぱいでお断りした。チョコだったら食べたけど。

 

イースターに当たってしまい、8割方の店が閉まってるTomarの町。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403041209j:plain

明日観光する予定なのに大丈夫かな(;'∀')

 

久しぶりの夜更かしにワクワクしながら、本を読みふけったカミーノ6日目の夜。
f:id:l-traveler-lovetabi:20180407072957j:image

1時間数キロ、1日数十キロの前進が約1ヶ月後に実を結ぶ事を願って。ひとまず、6日間お疲れサマ自分\(^o^)/


【カミーノ6日目】

出発地:Golega

目的地:Tomar

歩行距離:30km(約9時間)


スポンサーリンク