Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

初めての涙。正直しんどい


スポンサーリンク

こんにちは、悪天候が続くコインブラなうのLトラベラーRIEです。

 

雨に濡れたせいかな、風邪気味なのでコインブラに3泊して明日から歩く事にしました。ただ、向こう1週間ずっと雨マークなんだけど(汗)嫌だなあ。

 

 

ブログは現在、巡礼4日目までが終了しました。

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

本日はカミーノ巡礼5日目。仲間との別れ、激痛との戦いが待っている!?

 

 

アスファルトは好きじゃないの 

 

分かれ道は別れ道

 

2018年3月31日(巡礼5日目)

出発地:Santarem

目的地:Golega

想定距離:34.4km

 

巡礼5日目の朝。「今日は距離が長いのに皆んなのんびりだな~。Golegaまで行かないのかな?」なんて考えていると発覚した事実。

 

ここSantaremの町は、私が歩くサンティアゴ・デ・コンポステラへの巡礼路と、ファティマへ行く巡礼路の分岐点だという!そして仲間4人が目指すのはファティマ

 

Lトラベラーは1日で巡礼仲間を失った(>_<)

 

7時50分、一人で歩き始めると、この矢印に惑わさせて巡礼路まで見失う(>_<)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403004607j:plain

彷徨い続けて、結局Santaremの町を出たのは出発から1時間後だった( ̄▽ ̄;)

 

やっと見つけた黄色い矢印。今日一番嬉しかった瞬間かもしれない!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070034j:plain

昨日の雨は止み、天気が良いのが救い。

 

アスファルトの道を突き進もう何処までも!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070049j:plain

右の小道を進み、 

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070106j:plain

枝が切り取られた、存在感抜群の木の横を通り過ぎ、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070131j:plain

再びアスファルト。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070150j:plain

今日最初に辿り着いた町にて、初めて最終目的地サンティアゴ・デ・コンポステラが記された看板を見つけた

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070018j:plain

巡礼5日目にして初。ファティマと道が分かれた事が要因だと思うけれど、理由はどうであれ目的地に近付いてる実感が湧いて嬉しかった

 

 

可愛い町との出会い

 

最初の町を通り過ぎて数時間は、木々が生い茂る道が続いた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070151j:plain

カフェやレストラン、売店はない。ポルトガルの道では、何時間も店が1軒もない事がザラなので、水を充分に確保しておく事をオススメする。

 

通り沿いに出たけど、矢印が見当たらない。左に進むと元に戻ってしまうので、右を選択。正解だった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070206j:plain

綺麗な川。だけど異様な臭いがした。こんなに悪臭漂う川は他にない。立ち止まったら具合が悪くなりそうで、足取りを早める。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070224j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070353j:plain

あ、2回目のちゃんとした看板発見!これからの道がどんどん楽しみになってきたぞ!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070412j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070431j:plain

13時50分、6時間20キロ歩いて辿り着いたPombalinhoという町。ポンバリーニョと読む。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070447j:plain

地図上ではココだ。

リスボンから結構進んだ?でも目的地はまだまだ先。

 

この町から今日の目的地Golegaまでは、細かい道が記載された看板が置いてあったので、ルート確認に助かった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070513j:plain

小さな町だけど、とても可愛くて、5日間歩いて1番お気に入りの町

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070528j:plain

カミーノをしていなければ、絶対に出会う事のなかった町^ ^

 

この町で、一昨日マリアのシェルターでご一緒した、66歳のイタリア人男性と再会した。

 

あの時8人居たけれど、6人はファティマへ行き、私と彼だけがサンティアゴ・デ・コンポステラを目指している。ファティマ人気強し!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070542j:plain

彼は3度目のカミーノで余裕たっぷり。「今日の目的地まであと2時間だよ!」と教えてくれた。

 

 

気力で歩いた3時間

 

1泊したかったPombalinhoに後ろ髪引かれながら、再び歩き出す。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070338j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070857j:plain

飛行機雲が伸びる青い空を何度も見上げながら、右足裏の痛みに耐えた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070911j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070927j:plain

小さな町にあった川沿いのオシャレな公共スペース。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070942j:plain

ポルトガル人のセンス好きだなあ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407071014j:plain

目的地まで2時間で辿り着く予定だったが、右足裏の痛みが悪化。一歩歩く度に痛みが走る。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407071031j:plain

クラクションを鳴らしてくれる車が居たけれど、拳を上げる事すら出来ず、歩いては立ち止まってを繰り返した。

 

あと少しなのに、"あと少し"がとても遠く感じる

 

Golegaの町が見えてきた頃には、ヨタヨタ歩き。幼児と同じ速度でしか歩けなくなっていた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407071046j:plain

情けない。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402235751j:plain

無様だけど、誰かの目を気にしてる余裕なんてなかった。

 

 

Golegaの町で涙する

 

17時。9時間歩いて町の中心地に辿り着いた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407070842j:plain

長かった道のり。

 

初日に出来たまめを庇おうとして、他の所にまめが出来ていた。足裏に優しくないアスファルトの道が多かったのが要因の一つ。

 

横になりたい気持ちを抑えて、まずは教会!と思い、フラフラしながら内部へ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407071104j:plain

美しきアズレージョの教会に心奪われたのか、目的地へ辿り着けて安心したのか、またはその両方か。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407071124j:plain

分からないけれど、涙が溢れてきて、顔を手で覆って泣いた。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407071232j:plain

教会で初めて涙を流した。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407071215j:plain

明日はちゃんと歩けるだろうか。

 

不安が頭を過ぎったけれど、歩を進める以外に道はなく、余計な事を考えないよう早めに眠りに就いた。  

f:id:l-traveler-lovetabi:20180407071248j:plain

イタリア人のおじさんと2人きり、消防署の隣同士のベッドでねwこれがイタリア人美女だったら、正直最高!なんだけどなぁ。笑

 

【カミーノ5日目】

出発地:Santarem

目的地:Golega

歩行距離:34km(約9時間)


スポンサーリンク