Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

カミーノ巡礼1日目。13時間42キロ歩いた末にあったのは、希望か?絶望か?


スポンサーリンク

こんにちは、カミーノ巡礼なうのLトラベラーRIEです。

 

半年以上遅れている旅日記を後回しにして、カミーノ巡礼・ポルトガルの道~リアルタイム更新を始めました

 

前回書いたのは巡礼準備編。ポルトガルのリスボンで行った準備を記事にしました。

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

本日はカミーノ巡礼1日目。ドジな私はホタテ貝に導かれて、無事1日目の目的地に辿り着けたのでしょうか?

 

 

リスボンから始めるカミーノ1日目 

 

ポルトガル・リスボンを出発

 

2018年3月27日(巡礼1日目)

出発地:Lisbon

目的地:Alpriate

想定距離:約23キロ

 

カミーノ1日目の朝。6時起床、7時出発の予定が出発時刻の7時に起床した私。緊張感のない始まりだ。結局リスボンの宿を出たのは8時10分だった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402164723j:plain

写真を撮ってくれる人はいないので、仕方なく自撮り(汗)

 

まずはカミーノ巡礼・ポルトガルの道の出発地点となるリスボン大聖堂まで歩きます。 

 

8時45分。30分以上歩いてリスボン大聖堂に到着しました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402164834j:plain

前もって下見しておいたので、迷わずスタート地点の矢印を探し出せたよ!

 

2度目となりますが、写真を撮ってくれる人はいないので、仕方なく自撮り(汗)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402182227j:plain

何も知らない人が見たら「何でコイツは大聖堂の端っこの柱で自撮りしてるんだろう?」って思うだろうけど気にしない。だって今日は念願のカミーノ初日なのだから。

 スタート地点は本当に分かりにくい場所にあります。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402182113j:plain

小さな矢印を1発で探し出せる人が居たら尊敬する。

 

私は大聖堂をぐるっと一回りしたけど探し出せず、人に聞きました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402165018j:plain

ちなみに夢中になって矢印を探していた時に、大聖堂すぐ裏の階段スリに遭いかけたのでご注意下さい。知らない間に男性が後ろに忍び寄って、リュックのチャックを開けてました。 

 

スタートして1分後、どっちの道へ進めばいいのか分からず戸惑う(汗)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402165125j:plain

本屋で買った地図には細かい道順が載っていないので、神アプリmaps.me様を確認した所、どちらの道も同じ場所に出るので左を選択!

 

ふぅ~先が思いやられるぜ~!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402165228j:plain

 

 

最初の目的地アズレージョ博物館へ

 

今回私が行うのは黄色い矢印のスペイン・サンティアゴ・デ・コンポステラを目指す巡礼ですが、青い矢印のポルトガル・カトリック教徒の聖地ファティマを目指す巡礼路も経路が途中まで同じです。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402165346j:plain

ポルトガル人はリスボンからファティマ巡礼を行う人が多く、分かれ道までは黄色い矢印より青い矢印が多い印象。

 

青い矢印に慣れ過ぎて、うっかりファティマ巡礼しないように気を付けねばと戒める。そんなバカな!事をやってしまうのが私である。

 

リスボンから北へ進んでいくと、ファド博物館を発見した!こんな博物館があったなんて知らなかったー。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402165433j:plain

ファドとはポルトガルの伝統的な民謡。

 

続いて青空市的なもの。面白そう!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402165559j:plain

リスボンから暫くの間は(それ以降も時々)石段の道が続きます。整備されてる道はまだいいけど、高さが違う石の上を長時間歩くと足裏に影響するので、石段の道は苦手。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402165711j:plain

スタート地点こそ迷ったものの、出だしは順調です。

 

そして最初の目的地、国立アズレージョ博物館に到着。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402164605j:plain

アズレージョというのはポルトガルのタイルの事で、私はここへ来る事をとても楽しみにしていました。

だけど開館時間になっておらず。立ち尽くす私( ̄▽ ̄;)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402170345j:plain

待とうか迷ったけど、初日でペースを把握していないので進む事にした。

 

 

ヴァスコダガマタワーだ!!

 

今にも消えそうな矢印を辿りながら、次の目的地を目指す。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402170223j:plain

矢印から矢印まで間隔があって道が合っているのかとても不安で、そんな時に次の矢印を見つけた安堵感は、巡礼した人にしか分からないと思う。

 

何だか日本にいそうなキャラクターの前を通り過ぎて、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402170507j:plain

子ども宇宙館みたいな場所に辿り着いた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402170609j:plain

「世界一周仲間のみずほが好きそうな場所だな~」なんて思いながら、帰国したら見せようと思って写真を撮った。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402170718j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402170814j:plain

ん?公園?

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402170949j:plain

散歩日和の今日を過ごすのに最適な場所を通って行けるみたい。

 

気分を晴れやかにしてくれるカッっと晴れた空。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402171055j:plain

目の前に現れたのはヴァスコダガマタワーでございます。あの有名なヴァスコダガマだよ~!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402171155j:plain

時刻は11時。宿出発から3時間。予定より早いペースなので、ここで10分間休憩を取る事にした。ちゃんとした休憩は今回が初めてだ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402171316j:plain

荷物が重いとは感じないけど、荷物を下ろすといかに肩に負荷が掛かっていたかを思い知る。靴を脱いだら足が解放された。

 

目的地はまだ先だ。

 

タワーを背に、更に公園を奥へ、奥へ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402171419j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402171522j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402171633j:plain

この公園は、デンマークのコペンハーゲンで行ったスーパーキーレンと似ていて、4つのパートに分かれ、他の国のモニュメントだとかパーツを使って作られたらしい。日本のモニュメントも存在しました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402171734j:plain

スーパーキーレンと目的は異なるにしても、各国の技術だとかパーツを使って建てられた公園ってヨーロッパには多いのかな?

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

 

ついに迷子!巡礼路に戻れるのか?

 

公園を抜けて「順調じゃん!3時間後には到着だ!」なんて余裕だったのは一瞬だけ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402173625j:plain

矢印の上にバツが書かれた目印に惑わされて、迷子。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402173859j:plain

明らかに後から書かれたバツ印。

 

「誰だよ!こんな悪戯した人!」と、元々あった矢印を信用した。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402174152j:plain

だけど本当は「この矢印間違ってるよ!」って消してくれたバツだったの。私の心が汚い結果、招いた迷子。

 

巡礼を通して、少しでも清い心が持てたら、と思う。

 

道に迷いながら、遠回りして教会へ立ち寄ってみた!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402173419j:plain

閉まってた( ̄▽ ̄;)

 

結局1時間以上、彷徨ったカミーノ初迷子。不測の事態を楽しめるようになったら、カミーノ初心者卒業の証だろう。

 

持ってきた2冊のガイドブックや地図、携帯の地図で確認しながら、川を隔てて、正しい巡礼路と同じ方向へ進む。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402174348j:plain

廃墟の前を通り過ぎ、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402173851j:plain

最低な絵の前を通り過ぎ、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402174606j:plain

羊たちを後ろから追いかけて、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402182250j:plain

やっと!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402174813j:plain

やっと巡礼路に戻って来れた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402175106j:plain

ほっと安心した。 

 

 

本日の目的地へ到着!しかし

 

目的地に定めていた町のすぐ傍までやって来たので、今度こそは!と再度遠回りして教会へ!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402175258j:plain

閉まってた( ̄▽ ̄;)小さな村の教会はいつも開いている訳ではないと学ぶ。

 

そして到着、今日の目的地Alpriate

 

写真はこの町に1軒しかないアルベルゲ。しかし閉鎖中。閉鎖は事前にメールを送って確認していたので把握済だ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402173639j:plain

メールの返信には「近くのカフェ兼案内所で他の宿について聞いて」と書かれていたので、カフェへ向かう。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402175551j:plain

場所はアルベルゲのすぐ傍。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402180331j:plain

15時半カフェ兼案内所に到着。Wi-Fiありの小さなカフェだった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402180047j:plain

まずは、リスボンに滞在していた時から食べたかった半熟カステラのケーキとコーラを注文!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402175750j:plain

食べ終わった頃、カフェのおばさん「宿?Verdelhaって町まで行って!6キロだからすぐよ~!

 

( ̄▽ ̄;)

 

てっきりこの町にあるアルベルゲ以外の宿を紹介してくれると思い込んでいたが、この町に宿はないのだろう。6キロがすぐだ!と言われて泣きそうになる。今日の目的地変更だ

 

 

Verdelhaを目指して再出発

 

現在16時。今から出発すれば遅くとも18時には着くだろう。おばさんの言葉を信じて、Verdelhaを目指す。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402174449j:plain

天気は良いのに、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402174716j:plain

道がぬかるんでいて

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402175612j:plain

道路へ辿り着いた時には靴下まで濡れてしまった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402175948j:plain

だけど不運はまだまだ続く。

 

この黄色いテープは目印の一種なのか何なのか分からず、再び迷子。※目印でした

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402180157j:plain

青と黄色の花壇を見て、巡礼路の目印なのかと戸惑う。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402180449j:plain

気分転換に音楽聴いたら、音に集中して矢印見逃すし( ̄▽ ̄;)

 

直線距離ならすぐなのに、コの字型に回り込む巡礼路。矢印の通りに進むしかなく、カフェのおばさんが話していたより明らかに距離が長い( ̄▽ ̄;)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402180705j:plain

初日からあまりにハードな冒険。

 

6キロと教えられた町に着いたのはカフェ出発の3時間後。宿出発から11時間が経過していた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402174214j:plain

目の前に飛び込んできたマクドナルドに一目散。座って休みながら、ネットで宿の場所を調べていたら、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403091349j:image

夫婦「あなた巡礼してるの?私たちも今日到着したのよ」と。

 

なんと4%しかいない、リスボンスタートのカミーノ巡礼者に遭遇!!!しかもグッドタイミング!宿の場所を教えて貰えた。

 

 

宿がない!ない!ない!ない!

 

20時前、教えて貰った宿へ向かうと、4部屋しかなく既にフル( ̄▽ ̄;)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403091358p:image

2軒目、3軒目、4軒目、5軒目、 6軒目、全てフル。※ピンの位置全て宿

 

カフェのおばさーん!教えてくれた町にある宿全て満室なんですけどー( ̄▽ ̄;)町で何か行事があるみたい

 

宿のスタッフ「次の宿は7キロ先に60ユーロのホテルがあるけど、空室があるかどうか分からないな」

 

60ユーロは高すぎるし、小さな空港があったけど空港泊するのは難しそう。隣町Alvercaの消防署に前もって送ったメールはエラーだし。

 

巡礼初日から大大大ピンチ!

 

野宿が頭を過ぎる。だけど今日は疲れたから、どうしてもベッドで眠りたかった。

 

結果↓↓↓

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402182317j:plain

暗くて怖いから早歩きでAlverca駅まで歩いて、電車に乗って、

 

ヴァスコダガマタワーがあった公園の近くへ逆戻りwww以前ルートを考えていた時に印をしておいたホステルがあった事を思い出したのだ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402182318j:plain

予定外!!!初日から電車に乗るなんて!出発地点近くに逆戻りするなんて!そんなカミーノ初日を過ごした人聞いた事ないわ!!!だけど致し方なし。

 

宿にチェックインしたのは21時半だった。カミーノ巡礼1日目13時間42キロ。全ての選択がうまくいかず、何だか自分がとても腹立たしくて、苦いスタートを切ったカミーノ初日。

 

だけど私のカミーノ初日は苦いままでは終わらない

 

 

最後の最後に舞い込んできたのは・・・

 

シャワーを浴びて、早いとこ眠りに就こうと決めて入った部屋に居たのは1人の女性。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402182343j:plain

ポルトガルに住んでいる看護師さんで、学位を取る為に勉強中だという彼女

 

13時間歩いてヘトヘトなはずなのに、何故だか分からないけど話し込んでしまって、気付いたら、今日あった嫌な事なんてすっかり忘れて、彼女の話に大笑い

 

初日の最後に舞い込んできた出逢いは、絶望を希望に、辛い1日を笑顔に変えてくれた

 

1日の最後に良い事があったから、全てはこの為に起きたような気がして、彼女のおかげで「良い日」で終われたカミーノ初日。明日はどんな日になるだろう。

 

【カミーノ1日目】

出発地:Lisbon

目的地:Alpriate→Alverca(宿Moscavide)

歩行距離:約41.8キロ(約13時間)


スポンサーリンク