Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

インレー湖だけじゃない!周辺オススメ観光スポット


スポンサーリンク

こんにちは。過食の一途を辿っているLトラベラーのRIEです。

 

一昨日も書いたけど、リトアニアのゴハンが美味しいの!!

 

お菓子を主食にしたり、一人の時は食がおざなりになりがちなんですが、リトアニア料理食べたさに昼夜レストランに通ってる。こんなに食べているのは旅始まって以来です。

 

日々顔が丸くなり、二重アゴとなり、お腹が出る一方(汗)このタイミングで女の子とベッドインなんて事になったらどうしよう、と気が気じゃありません(笑)

 

 

なんて、ふざけた話はここまでにして、ミャンマー・インレー湖ボートツアーの様子を紹介したのが前回。 

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

本日はインレー湖から北に進んだニャウンシェにある僧院&パゴダ見学をした際の記録です。インレー湖ツアーより気に入ったパゴダの様子をご覧下さい。

ニャウンシェ観光・シュエヤンピー僧院&パゴダ 

 

シュエヤンピー僧院を見学

 

前回の記事の通り、12時過ぎに終わったインレー湖ボートツアー。

 

インレー湖の北にあるニャウンシェという町に、気になるパゴダがあったので、一緒に旅をしている「オシャレカフェ好きドクターのレイナちゃん」&「みんなが大好き!な、なっちゃん」にお願いして付き合ってもらう事に!

 

参加したインレー湖ツアーの長みたいなおじさんに頼んでトゥクトゥクを呼んで貰い、一人2,000チャット(約164円)で送迎を依頼。

 

探しているパゴダが何処にあるか分からず、間違えて入ったシュエヤンピー僧院

 

古い木造の高床式僧院です。ちょうど私たちが行った時に、ミャンマーの伝統的なウエディング衣装に身を包んだ新郎新婦の写真撮影が行われていました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170920225401j:plain

形の割りに広々したスペースが多い僧院ですね。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170920233139j:plain

内部で最も気になったのは、教会のステンドグラスを彷彿させるガラス(?)。僧院でカラフルなガラス(?)が使われているのって珍しくないですか?

f:id:l-traveler-lovetabi:20170920233114j:plain

だけど、私が探しているものはここにない!と分かり外へ。

  

 

赤が際立つ無数の仏龕・シュエヤンピーパゴダ

 

すると僧院の目の前にありました(汗)このパゴダが本日の本命、シュエヤンピーパゴダ

f:id:l-traveler-lovetabi:20170920233426j:plain

写真の通り、無数の仏龕が続く、続く。壁龕(へきがん)って言い方で合ってるか調べたら、仏龕(ぶつがん)の方がより的確みたい。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170920233247j:plain

情報を発信している身としては、当然間違った情報は発信したくないし、正しい日本語、より正確な言い回しを常に使いたいと思うので、不確かな時は毎度調べるのですが、すると新たな発見があり「またブログ書いてて勉強になったぜ、イェイ」なんて思ったりしてます。

 

「ブログで話が脱線しない方法」についてもそのうち調べないといけないとして、、、この仏龕には保存状態が良い仏像が多く、綺麗に一体一体納められていました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170920233202j:plain

それぞれ大きさや表情が異なる仏像。観賞していて、飽きが一切来ない。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170920233307j:plain

どれも違う形だけど、どれも仏。それをそうと思えばそれとなる、じゃないけど、形に捉われる必要はないんだと思う。形なんて見せかけに過ぎない。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170920233325j:plain

そういえば仏像の下に個人の名前が記載してあって、きっと寄付した方の名前だと思うんだけど、その中に日本人の名前があって感激でした。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171002045944j:plain

こんな小さな町の小さな僧院に寄付した日本人がいるって事。素敵な僧院に寄付した日本人の方は、どんなきっかけで寄付に至ったんだろう。

 

僧院30分+パゴダ30分。1時間あれば充分見学できたので、インレー湖のツアー後で暇を持て余していたら最適かなって思います!どちらも味があって良いですよ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171002050013j:plain


 

という訳で、これにてタイから一緒のレイナちゃん&バガンで再会したなっちゃんとの「30代世界一周旅人3人旅」が終了。再会を誓い、それぞれの心がときめく地へ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20171002045926j:plain


  

インレーのオススメ宿を紹介させて

 

心がときめく地=どうしても行きたい場所があるので、急遽宿を取ってインレーで1泊することにした私。

 

宿泊した宿がここ!マナウ トゥカ ホテル

f:id:l-traveler-lovetabi:20170920233810j:plain

リゾートホテルみたいだったので、入った瞬間ここじゃないかもと疑ったとても綺麗で広い敷地の宿。

 

バンガロータイプの部屋がたくさんあって、そのうちの数バンガローがドミトリーになってます。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170920233846j:plain

私が泊まった女性用のドミトリーは5人部屋で、化粧台や冷蔵庫に大きな棚など設備面万全。コンセントが各ベッドになかったのは残念でしたが、コンセントの挿込口は数ヵ所あります。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170920233908j:plain

お手洗い兼シャワー室は室内にあって、その広さに顔が緩んだほど。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170920233923j:plain

更に、豪華な朝食付で言う事なし。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170920233938j:plain

自転車の無料貸出もやっていて、ミャンマーで初のドミトリーだったけどここを選んで正解でした。インレー湖周辺で宿をお探しならマナウ トゥカ ホテルを是非候補に^ ^

 

って、宿紹介記事みたいになっちゃったけど、次回はミャンマーで私がどうしても行きかった場所であり、2017年9月30日現在「世界一周で最も行って良かった場所」を紹介します!お楽しみに!


スポンサーリンク