Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

チェンライツアーで念願のホワイトテンプルを拝む


スポンサーリンク

こんにちは。イタリアのローマ滞在中のLトラベラーRIEです。

 

クロアチアのシャワー室で負傷した肋骨ですがヒビ入ってる疑惑・・・。スイッチバッグを転がすと痛むのが困り所です(>_<)

 

ちなみに数年前に肋骨を折った時は、ジムの健康体操というプログラムに参加した結果、硬い床にうつ伏せになって動いたら骨折。。。

 

健康になるための体操に参加したら不健康になったよ!って笑い話ですが、2回目は宿のシャワー室で滑って強打するという。。。超ド級のドジが世界一周中。未だに不安です(>_<)

 

 

さて、ブログはタイ・チェンマイの寺院観光へ出掛けたのが前回。

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

本日はチャンマイから足を延ばしてチェンライ観光を1日満喫した際の記録です。ホワイトテンプルの写真多めでお送りします^ ^

 

 ドジでも安心◎ツアーで楽々チェンライ観光

 

チェンライツアー申込

 

私がタイで最も行きたかったのがチェンライのホワイトテンプル。

 

だけどスケジュール管理ミスしたせいで、チェンライに滞在する時間がなくなった( ̄▽ ̄;)他にもチェンライで行きたい場所があるけれど、場所が離れていて個人で行くのは面倒そう。

 

そこでドイステープ寺院から帰宅後「チェンライ日帰りツアー」探し決行!5、6社ツアー会社を回ったけどツアーの内容は同じではなく、「ここは行くけど、こっちは行かない」とバラバラ。

 

最終的にどこのツアーの内容が充実していて、どこの会社の料金が安いのか訳が分からなくなってしまい(汗)最後に行ったココで申込み。宿から徒歩1分のTRAVEL Cafe。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825062953j:plain

優しいお姉さんが対応してくれました◎

 

ツアー料金は3,300円くらいだったはず。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825062952j:plain

ツアーの詳しい内容は以下を参照下さい。

 

チェンライツアーで温泉卵発見!!

 

 ツアー当日。朝7時20分、宿に迎えのバンがやって来た。各ホテルを回って参加者をピックアップ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170724194025j:plain

参加者はほぼ一人参加で、アメリカ、イギリス、マレーシア、ロシア、ブラジル、タイ、ドイツ、オーストラリアと国際色豊かでした。なんだか楽しいツアーになりそう!!

 

9時半。第一目的地のホットスプリングに到着!

f:id:l-traveler-lovetabi:20170724194024j:plain

温泉とか足湯施設を想像していたら、サービスエリアにちょっと足湯コーナー設けました的な簡易的な作りで拍子抜け。f:id:l-traveler-lovetabi:20170724194023j:plain

お湯があんまり綺麗じゃなかったので足湯は試しませんでしたが、温泉卵を見つけました!タイでも温泉卵食べるんだ!?

f:id:l-traveler-lovetabi:20170724194026j:plain

20分間する事なくて、ボーっ過ごしただけのホットスプリング休憩を終え、ホワイトテンプルを目指します。

 

 

入って出て、また入ったホワイトテンプル(ワットロンクン)

 

11時ホワイトテンプル着。真っ白な寺院なので「ホワイトテンプル」と呼ばれていて、タイの珍スポットとして紹介されることもあるワットロンクン。写真を見て貰えれば、その白さが伝わるかと。

 

入場料は50バーツ(約157円)。安い。もっと高くてもいいくらいで、私からしたら500バーツ払ってでも入りたい寺院だ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825060246j:plain

入場ゲートから急ぎ足で寺院の方へ進み、興奮で鼓動が高まる。見えたホワイトテンプルがこれ!白い!白い!本当に真っ白だった!!!

f:id:l-traveler-lovetabi:20170724193929j:plain

360度角度を変えたってその白さは変わらない。仏教寺院なのに仏教寺院っぽくない。それがこのワットロンクンの良さだろう。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170724193933j:plain

ずっと前から来たかったホワイトテンプル。来て良かった。見れて良かった。3時間くらい外観を眺めていたいところだが今回はツアー。だから見学時間が限られている。先へ進もう。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170724193934j:plain

この辺りもじっくり立ち止まって観察したかったけど、長時間立ち止まっている人がいると何処から「立ち止まらず先へ進んで下さい!」「進みなさい!」とアナウンスが流れてくるから驚く。通路が狭いことが原因かな。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170724193930j:plain

何かを渇望しているような手が表現しているのは悲痛さか?それとも?

f:id:l-traveler-lovetabi:20170724193931j:plain

近付くと一層分かる繊細な造り。ここの扉から寺院の中へ入るのだが内部は撮影禁止だ。その理由がこれかは不明だけど、有名な数々のアニメキャラクターの顔が内部の壁にある。外観と内部のギャップ!!!仏教寺院にアニメキャラクターを、著作権を気にせず使いまくっちゃう所がさすがというか・・・。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825060249j:plain

ツアーガイドから見学時間40分間と指定されていたが、急ぎ足で回った結果少しだけ時間が余った。見足りないからもう一周。

 f:id:l-traveler-lovetabi:20170724193932j:plain

 何周だってしたい。何時間だって居たい。40分間では足りなかったからもう一度来て、今度はもっと長居したいな。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825060254j:plain

今日初めてホワイトテンプルを訪れて、実際に目で見て感じた結果、ワットロンクンがタイで一番大好きな寺院になった。寺院というより一番大好きな場所か。こうやって世界中に大好きな場所が出来ていく。世界を旅できて幸せだ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825060251j:plain

ちなみにお手洗いは噂通り金ぴかでした!

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825060252j:plain

 

 

首長族と初対面!

 

ホワイトテンプルで満足度マックスになった私は、ここで引き返してもよかったがツアーはまだまだ続く。3、40分かけて車で向かったのは首長族が住む村だ。私は首長族の村へ入るオプションを申し込んでいなかったのだが、他全員が申し込んでいて「どうしてアナタ入らないの?」ムードになった為、追加料金を支払って入村(笑)

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825060255j:plain

村へ足を踏み入れると観光客用に用意された場所感が半端なかったが、とりあえず見学。入村料以外に、織物やお土産販売を生計の一つにしているようだった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825060258j:plain

おおおおぉぉぉぉ!!!長い!!!昔テレビで首長族の村が放送されていたけど、まさか自分がその一族と対面する日が来るなんて不思議な気持ちだった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825060259j:plain

持ってみたらかなり重く、ずっしりしていた。これを寝る時も外さず、付けているんだそう。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825060256j:plain

実際に私も装着して、可愛い子たちと記念写真を撮った。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825060257j:plain

タダで写真を撮ってもらうのも悪いので、同じ金属で作っているというブレスレットを購入。収集しているピンバッジは売ってなかった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825060300j:plain

20分間しか滞在時間がなかったけど、それなりに楽しめた首長族の村。確かに観光客向けに作られた場所だとは思うけど、実際に首長族として生きている彼女たちの話が聞けたのは貴重な体験であったと思う。

 

 

タイ・ミャンマー国境のメーサイへやって来た

 

首長族の村から車を走らせること20分。国境の町メーサイへやって来た。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825062956j:plain

ここがツアーに組み込まれている理由が分かっていなかったが、タイの最北の地であるメーサイ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825060303j:plain

タイ出国後の様子を覗けるスポットがあって、多くのツアーに組み込まれているらしい。何をするでもなく、この風景を眺めて終了だ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825062955j:plain

記念に一部のツアー参加者たちで写真を撮った。うん、国際色豊か!

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825062954j:plain

 そこから程無くして辿り着いたレストラン。1時間のランチタイムが始まった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825062958j:plain

ビュッフェ形式となっており、どの料理も美味しかった!期待していなかったけど、ここは当たりだったと思う。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170825062957j:plain

お腹いっぱいランチを食べた後は、まさかのラオス入国!?!?長くなったので続きは次回^ ^チェンライツアーブログは2回に分けてお届けします。

 

チェンライツアー前編を読んで頂きありがとうございましたっ。


スポンサーリンク