Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

【ヘラクレス】バギオのストリップバー(ゲイバー)でアレが大接近


スポンサーリンク

こんにちは。世界のLGBTQスポットを巡りながら世界一周中のLトラベラーRIEです。

 

本日はバギオにあるストリップバー(ゲイバー)を訪問した際の記録をまとめました。男女問わず気軽に入れるお店なので、バギオ留学中の刺激剤にいかがでしょう。続きをご覧下さい^ ^

 

刺激的!バギオのストリップバー(ゲイバー)・ヘラクレス

 

バギオのヘラクレスって何のお店?

 

タイトルで「ストリップバー(ゲイバー)」と書いたので「???」の方がいらっしゃると思いますが

 

・日本人の思考で言うと「ストリップバー」

・フィリピン人の思考で言うと「ゲイバー」になります。

 

だからお客さんはフィリピン人のゲイ率が高く、次いで外国人×フィリピン人ゲイカップルなど。

見学を兼ねて?フィリピン人の友達同士や、外国人のストレートカップルなども見かけました。

 

それとストリップダンサーの男性陣はストレートが大多数だと思う。バギオのLGBTバーのオーナーもそんな事を言っていたはず。

 

 

バギオ・ヘラクレスの地図&場所

 

場所はここ。マルコスハイウェイに位置しています。

タクシーの運転手に「ヘラクレス」と伝えても分からなかったので、地図アプリで一緒に探しながら見つけました。

 

 

ストリップバーヘラクレスの外観

 

バギオの中心地から来た場合、進行方向と反対側(左手)にあります。黄色い看板が目印。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170515024612j:plain

スナック2件分くらいの大きさなので、見逃すと通り過ぎちゃいます。地図で現在地を確認しながら行った方が確実かと。

 

外にガードマンがいましたが、女性3人で行っても快く中へ入れてくれました^ ^

 

この看板以外に古代ギリシャの哲学者ヘラクレス(男)の顔写真入りの看板があって、哲学者ヘラクレスが店名の由来なのか~と妙に納得です。※ヘラクレスは少年を好んで愛したとして有名。

 

 

ヘラクレス内部の様子

 

店内はバーカウンター、ソファ席、テーブル席、ステージがあり、狭からず広からず。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170515024615j:plain

 

THETAで撮った画像を見てもらえれば雰囲気は分かるかな。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

私たちは到着した時間が早かったので、一番前に座れました。お隣はフィリピン人の若者グループで、その中にレズビアンカップルも。色んな人が来るんですね。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20170515024613j:plain

ショータイムになると後ろの席まで満席。立ち見や順番待ちがいたくらいなので、早めに行った方が確実に良い席で見れますよ

f:id:l-traveler-lovetabi:20170515024614j:plain

 

 

バギオ・ヘラクレスの料金体系、メニュー

 

支払った料金は2ドリンク付で300ペソ(約690円)。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20170515024616j:plain

ドリンクはジュース・アルコールから選べました。飲み放題など違う料金体系のコースがあるかもしれませんが不明。 

 

その他、チップ代ストリップダンサーを席に付けた場合は1人につき300ペソ掛かるそうです。

 

 

ニューハーフ女性によるショータイム

 

いきなりストリップショーが始まる訳ではなく、前説みたいな感じでニューハーフの女性2人による歌のショーからスタートします。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170515024617j:plain

写真の女性は少し日本語が喋れるので、タガログ語や英語の歌以外に日本語の歌も歌ってくれました。ちょいちょいチップを請求されますが(笑)

f:id:l-traveler-lovetabi:20170515024618j:plain

ショータイム中はおっぱいポロりがあったり、面白おかしくふざけるので楽しい前説^ ^

 

サービス精神旺盛で、写真撮影を自ら希望して撮ってくれるという。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170515024619j:plain

暗いからよく分からないかもしれないけど、とても綺麗だし歌もうまい素敵な方でした。 

 

 

ストリップショーの幕開け。そして悲劇が・・・

 

お客さんで会場が埋まってきた頃、ようやくストリップショーが幕を開けました!

 

※ここから写真撮影禁止なので、写真はありません。

 

 

数グループのストリップダンサーが、上半身裸・下半身は水着等で壇上に登場です。

 

気に入ったダンサーが居た時点で、その番号をスタッフに伝えると席に付いてくれるシステムらしい。持ち帰りが出来るかは不明。

 

ダンサーの年齢層は若めの男の子から30代後半?の男性まで様々で、鍛えているダンサーが多い印象です。

 

流れてくる音楽はゆっくりめで、それに合わせてダンサー陣が踊るというよりも、波に乗るというか、体をクネクネ曲げたり、筋肉をアピールしてくるわけです。

 

 

激しさの度合いは、最初のグループから徐々に増していき、、、

 

 

最後のグループの男性2人はなんと

 

 

水着を下ろして

 

 

 

アレがモロ出し状態ーーー!!!

 

 

 

出したまま踊ります。

 

 

踊るというか

 

 

 

 

 

 

わざわざ何度も揺らしますw

 

 

一人はアソコにピアスを付けてたと思う( ̄▽ ̄;)

 

 

一緒に行った友達には刺激が強すぎて

 

 (゚o゚;;)

 

こんな顔してました(笑)

 

 

2周目になると更に激しくなり

 

 

下半身を出した状態で

 

 

席まで来たー( ̄▽ ̄;)

 

 

 

真横で揺らしてるー!!

 

 

俺のアレを見ろ!と

 

 

 

顔に近づけてくるー(>_<)

 

 

 

ストリップショーって聞いて、もう少し色気のあるものを想像してたけど露骨すぎ(笑)途中で挟んだショータイム休憩中にそそくさと帰ってきました。

 

 

世界のLGBTQスポット巡りをすると言いながら、一切ゲイスポット巡りしてないのはダメだなと思って足を運んだストリップバー(ゲイバー)ですが、お金払ってまでどうして私は男性のアレを見に来たんだろうか。。。フィリピンのゲイバーを知れて勉強になったのは間違いありませんが(汗)刺激的な夜でした。

 

 

尚、バギオにあったストレートの男性向けストリップバー「バギオ エンジェルズ」は閉店しております。←行ったんかーい!笑

f:id:l-traveler-lovetabi:20170625145605j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20170625145604j:plain

 

もう一ヵ所の「モンローバー」は営業中。しかし女性は店内へ入れません。←入ろうとしたんかーい!笑

f:id:l-traveler-lovetabi:20170625145603j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20170625145602j:plain

 

※この記事の情報は2017年4月のものです。利用の際は最新情報をご確認下さい。

 

以上「体を張って調査した!バギオのストリップバー情報」でしたー^ ^


スポンサーリンク