Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

過酷!後戻りできないサガダの洞窟探検


スポンサーリンク

こんにちは、スリランカのダンブッラ滞在中のLトラベラーRIEです。

 

この前買ったチョコクッキーが美味しかったから、5個まとめ買いしたら違うクッキーだったなう( ̄▽ ̄;)現在進行形でショック。。。

 

 

さて、バギオ、バナウェを経て、サガダへ到着したのが前回!

www.xn--qckyd1cz77s4inx1k4x9b.asia

 

 

今日はサガダで1位、2位を争う人気レジャースポット洞窟探検の様子をお届します。観光気分で行くと後悔する過酷な窟探検をどうぞご覧下さい!

 

命懸けのスマギン・ルミアン洞窟探検

 

スマギン・ルミアン洞窟の場所・地図

 

スマギン洞窟の場所はここ。地図上の少し上にルミアン洞窟があり、2つの洞窟は中で繋がってます。

サガダの中心地から、やや遠め。歩けない距離ではないです。

 

 

サガダ観光!まずインフォメーションセンターへ

 

最初はサガダ観光の仕組みをご説明。

 

場所はここ!観光客向けのインフォメーションセンターが町の真ん中にあります。

 

大きく看板が出てるし周辺に沢山人がいるので、すぐに分かると思います。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529031604j:plain

ここですべきことは登録

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111517j:plain

その際、一人35ペソ(約81円)の税を払わないといけません

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111518j:plain

支払いが終わると発行される証明書は絶対に捨てちゃダメ

 

サガダにはツアー会社がなく、このインフォメーションセンターがサガダ観光に係る全てを管理しています。

 

つまりサガダにある観光地へ行くには、何処へ行くにしても必ずこのセンターで申し込みをしなければならず(申し込まず勝手に行っても、入り口にチェックポイントがあって入れないはず)、その時に提示するのがこの証明書。大事だから絶対に捨てないで!

 

あと、どのツアーに参加する場合でもガイドを付ける事が義務付けられているようです。

 

値段が一律に統一されているし、ガイドの登録や管理もしっかりされているので明確明瞭で安心。小さい町だからこそ可能な方法なんでしょう。

 

 

スマギン・ルミアン洞窟探検、申し込み方法 

  

早速申し込み。この中から好きなツアーを選択します。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111553j:plain

 

私たちは1のケーブコネクションに決めました!(ハンギングコフィンは翌日)

 

これが定番のスマギン洞窟とルミアン洞窟の探検ツアーです!

 

・洞窟内を探索する所要時間は3~4時間

・料金はガイド代込で一人400ペソ(約920円)でした。

往復の送迎代は1グループ400ペソ。洞窟探検で疲れるだろうと判断して、私たちは送迎付に。送迎を付けない場合は徒歩での往復になります。

洞窟への最終入場時間は16時

 

 

3~4時間の探検は長時間だから大変だなって方向けに、スマギン洞窟探検ショートコースの用意もあり。

 

・所要時間1時間半

・料金は5人以下のグループなら500ペソ(約1,150円)、5人なら600ペソ(約1,380円)。

・往復の送迎代は1グループ350ペソ(約805円)。

 

 

その他、サガダ出身の先生から教えてもらった「sagada blue mountain」は、もう1日あれば行きたかった場所。青い丘なのか山なのか、soilって出てくるから塩なのか。日本語だとあまり情報がヒットしないので、英語で是非画像検索してみて下さい。

 

 

洞窟探検スタート!ルミアン洞窟入口で棺を発見

 

時刻は16時前。最終入場時間ギリギリにルミアン洞窟付近へ到着。

 

商品と商品の間にある狭い隙間から洞窟へ向かいますw

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529031605j:plain

体力がないアラサーの私は、洞窟の入り口まで歩いただけで疲れ気味(笑)

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111521j:plain

中へ入ると木や石で造られた棺桶がありました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111522j:plain

洞窟の天井部分まで高く積み上げられています。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111523j:plain

ゆっくり見学する時間もなく、ガイドに急かされる形で洞窟の奥へ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111524j:plain

尚、ガイドは2名。それぞれ大きなライトで照らしてくれますが、 場所によっては周りが見えず暗いなーと感じた時も。

 

 

入って10分後に後悔。恐るべきルミアン洞窟

 

洞窟の中。岩の隙間をすり抜ける。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111525j:plain

両手を挙げて、滑り落ちる体勢にならないと入れない隙間。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111527j:plain

当たり前だけど洞窟なので、観光用に探索し易く整備されてるはずはなく。ガイドが前後ろに付いて手厚いフォローをしてくれるけど

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111528j:plain

ご覧の通り、ハードモード! 

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111529j:plain

岩から岩へ足が届かなかったりしてハードモード。 

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111531j:plain

ハードモードの中、頼れる姿を見せれば恋が生まれるかもしれない。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111532j:plain

 

洞窟探索を開始して10分後。4人してケーブコネクションコースを選んだことを後悔。男性陣ですらリタイアを考えるレベルのガチの探検ガチな冒険です!

  

だけど後の祭り。

 

ここの洞窟、横に進むだけじゃなくて、上り下りがあるからリタイアしたくても出来ないんです(>_<)

 

 

そう、一度入ったら最後

 

 

絶対に引き返せないルミアン洞窟

 

 

必死になって出口へ辿り着かないといけない壮絶なアドベンチャーなのだ!

 

  

洞窟内部は下ネタオンパレード

 

ガイドさんの顔をご覧下さい(笑)そしてその右。何?って感じですよね。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111537j:plain

何をニヤニヤしてんの?って思ったら、どうやらこれが女性の股間に見えるという事らしい(-_-;)

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111538j:plain

必ず写真撮影を強制的にさせられる私たち(-_-;)

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111539j:plain

これは穴の部分だって(-_-;)広い洞窟の中でよく見つけたな~こんなとこ(-_-;)

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529031620j:plain

この写真は急に立たされて、ガイド2人が大爆笑してる時。下半身に突起物が出ているように見えるのが面白いらしい(-_-;)

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111542j:plain

 

 

あのさ~

 

「こっちは細い穴を通り抜けたりロープで登ったり 地面は滑るし水は冷たいし精一杯なのに、そっちの楽しみに付き合ってる余裕はないんだよ!」って内心思いながら、目だけ笑って出口目指して突き進みました。笑

 

 

写真撮影にうんざりの洞窟探検、後半戦

 

ガイドの2人に途中からカメラを預けたら、撮るわ撮るわ撮るわ!

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111533j:plain

2、3分しか進んでないのに、はい撮影!また撮影!撮影の嵐(笑)

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111535j:plain

カメラマン気分だったのか。最初は良かったんですが 

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111534j:plain

最後の方は疲れ切ってるのに、ポーズを指定して撮影してくるもんで(ここが蛙に似てるからって蛙のポーズ)

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111536j:plain

なんと言ったらいいか(-_-;)

 

洞窟の中の景色をもっと堪能したかった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111540j:plain

撮影と余裕がなかったのもあって内部を細かく見れなかった(>_<)

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111541j:plain

数時間掛けて辿り着いた、簡単には見れない景色なのに(>_<)

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111547j:plain

冷たい水の中、下半身を浸かって歩き 

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111543j:plain

恐る恐るロープで降りて

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111544j:plain

ここに足を付け!と指示されながら、必死に登った結果

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111548j:plain

 

 

何の撮影会だよ!!!

 

 

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111545j:plain

 

最後の最後まで説明少なめ写真メイン。何なら補助やライトよりも撮影を優先するガイドの2人でしたが(ただしガイドがいないと絶対に危ない、いないとダメな存在)

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111546j:plain

最後のタイヤロープを登り切り

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111549j:plain

無事スマギン洞窟側の出口へ辿り着けました!

f:id:l-traveler-lovetabi:20170529111550j:plain

この疲れ切ったみんなの顔が全てを物語っているw

 

所要時間4時間以上(撮影時間を大幅にカットすれば3時間)。

 

私には過酷すぎて二度と御免ですが、冒険好きの人なら絶対気に入ります

 

 

君もサガダのスマギン・ルミアン洞窟でインディージョーンズの主人公になろう!笑

 

 

※洞窟探検の際は、動きやすく濡れてもいい服と滑りにくい靴。カメラは防水ケースに入れて、身軽な格好でー!!(私のショートパンツは見事に破れました)


スポンサーリンク