Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

老寨山。ある日本人による尽力の賜物


スポンサーリンク

南京錠が壊れたのか、、、壊されたのか、、、LトラベラーのRIEです(゚ω゚)

 

メインバッグにTSAロック4桁の鍵と併せて付けていて、気付いたらこんな風になってた(汗)百均のだから壊れたのかな?

 

f:id:l-traveler-lovetabi:20170127024429j:image

f:id:l-traveler-lovetabi:20170127041227j:image

 

準備中の方は、違う鍵を買った方が良いと思います^ ^

 

世界一周8日目を興坪のカフェで締め括り 

 

本日が興坪最終日。どんな1日になるのでしょうか。

 

老寨山、頂上からしか見れない景色

 

世界一周初の日本人

 

昨日、学生ボランティアの子たちとテーブルゲームをしてた時に、宿へやって来たのが日本人の方でした。

 f:id:l-traveler-lovetabi:20170127043042j:image

↑中国ではメジャーなテーブルゲームらしい。6が出ないとスタート地点から飛行機を動かせないし、振り出しに戻ったりするからなかなか終わらないの。

 

 

辺鄙な村に日本人が二人。同じ宿に居合わせるなんて早々ない。

 

翌朝たまたま外出するタイミングが同じになって、老寨山へ2人で登る事に。この旅初の日本人と遭遇&一緒に行動だ!

 

f:id:l-traveler-lovetabi:20170121013640j:plain

この山!

 

話してみたら、なんと世界二周もしてる方。綺麗な写真、知的な文章で溢れるブログはこちら。インドで犬に噛まれたり、タンザニアで警察署に連行されたり、非常に濃い旅をされていて2009年から続くブログですよん^ ^

 

登山スタート

 

登り30分、下り30分って聞いて余裕じゃんって思ってたけど、体力のない私は10分で疲れorz

 

f:id:l-traveler-lovetabi:20170119233610j:plain

 

途中で休憩を入れてもらい

 

f:id:l-traveler-lovetabi:20170119233551j:plain

 

急な階段を登った末に

f:id:l-traveler-lovetabi:20170119233553j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20170119233555j:plain

 

頂上へ辿り着けました!(余裕がなくて道中の写真なし)

 

f:id:l-traveler-lovetabi:20170119233604j:plain

 

頂上付近は岩場になっていてかなり危険。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170119233557j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20170119233607j:plain

 

一人だったら絶対に岩場は登らなかった。一人じゃなかったおかけでこの景色が見れましたー!

f:id:l-traveler-lovetabi:20170119233605j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20170119233603j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20170119233602j:plain

 

雨だと滑るから登っては駄目だって。かなり急勾配です。もし行く方がいたら充分気を付けて、滑りにくい靴で!

f:id:l-traveler-lovetabi:20170119233606j:plain

 

 

老寨山について少し

 

老寨山の麓には、別の記事で少し触れた、日本人の林さんという方が建てた有名宿「老寨山旅館」があります(現在は日本にご帰国)。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170119233549j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20170119233611j:plain

 

そんな林さんが、自費で敷き詰めた石段を登ると現れる、友好亭という展望台もまた林さん自らが建てたそう。

 

林さんが労力を尽くしてくれたおかげで、私たちは山頂からの大パノラマを見れたし、

 

興坪の発展に寄与してくれたおかげで、村で日本人だと話すと必ずと言っていいほど林さんの話題が挙がり、より温かく受け入れてくれます。

 

老寨山は林さんなしでは語れない山。

 

 

宿の庭には現在も、宿泊された方々の想いが刻まれています。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170119233608j:plain

 

 

興坪でランチ

 

山に登ってお腹を空かせた私たちは地元の市場へ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170121013622j:plain

テーブルも椅子も低いのが気になる。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170121013626j:plain

 

市場では、犬や猫の丸焼きや肉が売られてました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170121013627j:plain

 

気付かずに、目線を向けてしまい、光景は今も頭にあるけど、

 

私が当たり前に口にする牛肉を

 

食べない人たちが世界中には沢山いる。

 

宗教的理由か否かという大きな違いはあるけど

 

しかし私は、犬や猫の肉を食べる事(興坪の友だち2人に聞いたら食べないと言っていた。むしろ否定的。食べるのは一部の人だけだと)に抵抗を感じる。

 

ある国または、ある地域では当たり前のものとして常識に、風習化されている事が

 

別の国では、常識から逸脱していると見なされるんだよなー、、、とぐるぐる思考を巡らせてしまった。

 

私はこの旅で、自分の「正」を覆すほどの出来事と出くわすのだろうか。

 

或いは、確固たるものとして構築できるだろうか。

 

結局尽きない「正」への問い。

 

 

 

話が脱線してしまいましたが、私たちがランチに選んだ店はここ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20170121013629j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20170121013628j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20170121013631j:plain

 

二人でシェア!一皿5元だからかなりお安いランチです!

f:id:l-traveler-lovetabi:20170121013630j:plain

 

人気店なのか地元の人がいっぱい買いに来てたけど、味は、、、皮が厚ーい!お腹いっぱいになりました(笑)

 

森さんが注文したワンタンスープが一番美味しかったかも(それも5元)。

 

午後は興坪の村を後にします。


スポンサーリンク