Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

世界一周準備最大の壁・父親に打ち明ける<後編>


スポンサーリンク

後編の前に、前編はこちら^ ^

 

 世界一周へ行く事を父親に打ち明けるため、地元の駅に降り立った私は緊張でガクブルでした(>_<)

 

今回の帰省はいつもの帰省と訳が違うので、実家へ帰ってきてからも落ち着かず(汗)

 

 

 

まずは弟に助言を求めた。

 

弟の作戦と見解はこうだ。

 

 

・旅行へ行く事がメインだとは言わず、語学留学へ行く事がメインだと伝えるべき

 

・きっと「海外=危ない」というイメージだから、「この国へ行く」「あの国のあそこへ行く」と説明した所で、その国の詳しい情報なんて分からないのだから余計に心配を掛けるだけ。最低限の情報だけ伝えればいい

 

・期間の事を聞かれたら短めに言っておいて、旅立ってから「延長する」と連絡しても問題ない。つまり、行ってしまえばこっちのものだ、と。

 

・万が一反対された時は、その場で何を言っても反対するだろうから「もう一度考え直してみるね」と一旦話を終わらせて、暫く日を置いてから再度話した方が◎

 

 

 

「うまくフォローするから大丈夫!反対しないと思うよ」と

 

ネガティブな展開しか思い浮かばない私に対して、弟はひどく楽観的でしたが、ここは弟のアドバイスを信じる事に。

 

 

あとは、私が「うまく伝えられるか」

 

 

 

 

 

楽観的であれ。

 

過去を悔やむのではなく、

 

未来を不安視するのでもなく、

 

今現在の「ここ」だけを見るのだ。

 

 

と、アドラーの言葉を繰り返し呪文のように唱え(笑)

 

ピンチの時は何かに縋りたくなったり、救いを求めたくなるものですね(汗)

 

 

 

私の予想では

 

私:「来年から語学留学と世界一周に行ってきm」

 

父:「え゛?馬鹿な事言ってんじゃないよ!」

 

私:「いや、前から考えていt」

 

父:「(呆れ気味に)危ないからダメだよ!!」

 

弟がフォローに入るも・・・

 

父:「お前(弟)は自分の部屋に行ってろ!」

 

弟退場・・・

 

 

父のお説教タ~イム

 

 

こんな状態。

 

 

 

なので弟を退場させないよう、外食へ出かけた時に打ち明ける作戦!

 

 タイミングとしては、オーダーして料理が運ばれてくるまでの間がいいな。

 

 

 

 

そして、その時が来た。

 

だけど

 

お店で付いてるテレビをずっと観ている父。

 

 

困った、いつ話そう

 

 

ドキドキ

 

 

話そうとすると、喋り出して〜テレビを観て〜なかなかタイミングがうまくいかない

 

 

早くしないと料理が来ちゃう

 

 

ソワソワ

 

 

よしっ!

 

 

 

言おう!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

私:「来年1月からフィリピンへ語学留学へ行こうと思います。」

 

 

 

弟:「僕の友達もこの前フィリピン留学へ行って・・・」

 

 

すかさず弟がフォローを入れてくれた!

 

ナイス弟!

 

グッジョブ(^_-)b

 

 

予想していた父親からの「え゛?」は聞こえてこない

 

 

ドキドキドキドキ

 

 

恐る恐る父親の顔を見ると

 

 

「それじゃあ親戚に連絡を取ってやるから・・・」

 

 

え?

 

 

あ!

 

フィリピンに遠い親戚が住んでいるんだった(私は会った事がない)

 

 

親戚が住んでいるから多少安心したのか、語学留学が目的だからか「ダメ」とは言われなかった

 

 

やった!

 

 

だけど緊張のあまり

 

 

「旅行してから帰る」

 

 

と言い忘れたーーーー( ;∀;)

 

 

あっほ~

 

 

どうしよう・・・

 

 

言っておかないと、、、

 

 

 

「フィリピン留学の後、世界一周してから帰ってきます

 

「フィリピン留学の後、あちこち旅行してから帰ってきます

 

 

 

 

「フィリピン留学の後、旅行してから帰ってきます」

 

 

・・・

 

・・・

 

 

沈黙。。。

 

 

話を振っても無言のまま。

 

考え事をしている様子

 

 

これはマズイか

 

やっぱりダメか

 

 

 

父親:「それで、語学留学をして日本へ帰ってきてからそれをどう生かしたいのか?」

 

 

世界一周中の語学力に不安があるから

 

ゆくゆくはカンボジアで行きたい学校があって、その授業が英語だから

 

 

この2つは言わず、別の目的を伝えた

 

弟もフォローして色々話してくれた

 

なんなら私よりも積極的に

 

喋りすぎじゃないかってくらいに。

 

最終的には

 

弟が行くんですかバリに説明してくれた

 

(笑)

 

そんな弟のおかげもあって

 

というか

 

私の1%の勇気と

 

99%は弟のおかげだが

 

 

納得してくれた・・・

 

 

 

いつか行きたいな

 

行けたらいいな

 

 

 

 

行ける

 

 

に変わった

 

 

実現可能なものになった

 

 

 

「世界一周」という言葉は使っていない

 

「期間やどこの国へ行くか」は伝えていない

 

 

正直、消化不良でモヤモヤが残っていたけど

 

「不安にさせるだけだから言う必要ないよ。どうしても言いたいなら出発してからでも言えるんだし、行ってしまえば自由なんだから。これ以上の結果を求めるなら、行く資格ないよ」と弟に怒られました(;・∀・)笑

 

 

 

自分が納得していない形でも、その方が最良ということはある

 

 

自分が納得する・しないは自己満の問題

 

 

そんな風に考えて言い聞かせた。

 

 

 

私が帰省中、再びこの話題が挙がる事はなかったので、実際父親どう思っているのかは分からない。

 

 

だけど

 

打ち明けた事でずっと私を憂鬱にさせていたものが解けた気がします。

 

 

 

という訳で「世界一周準備最大の壁、父親に打ち明ける」ミッション、無事終了\(^o^)/

 

 

 

せっかくお金を貯めて、仕事も辞めて、父親の同意も得れたんだから、後悔しないよう目一杯世界を楽しんでこよう( ^ω^ )

 

 

そのために準備頑張ります!!!

 

 

 

 

 

帰り際、私が弟にお礼をあげたのは言うまでもありません(笑)

 

 

 

 


スポンサーリンク