Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

第2回カンボジア旅行記2日目/プレアンチェープレアンチョム・リトルエンジェル・リンガバー


スポンサーリンク

カンボジア2日目は朝8時半から活動開始!

 

本日明日のトゥクトゥクドライバーは、昨日夕飯を一緒に食べた友達が紹介してくれたこちらの青年!(写真は別日に撮ったものです)

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003515j:plain

青年と書きましたが何歳かは知りません(笑)

 

 

まず訪れたのはここ。と言っても「時間があるから、見学してきたらいいよ」と言われて降ろされた場所で、ここが何処で、どうしてこんなに地元の方が沢山いるのか分からず( ̄◇ ̄;)仏日だったのかな?

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003511j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003512j:plain

 

帰国してから調べた所「プレ アンチェー プレ アンチョム」という有名な寺院で、クメール語になりますが占いもやっているそうです。

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003455j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003505j:plain

 

途中呼び止められて、腕に赤い紐を巻いてもらいました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003508j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003506j:plain
カンボジア人も結構巻いていて、友達は腕だけでなく車にも付けてました。日本でいうお守りの役目ですよね。

 

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003458j:plain

プレアンチェー像とプレアンチョム像

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003500j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003501j:plain

 

寺院のすぐ裏ではお供え物の蓮の花や小鳥などが売ってますよ~。

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003533j:plain

 

その後、昼過ぎまで4件の物件を内覧しにGO

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003452j:plain

 

これは今回、カンボジアへ来た目的の一つ。世界一周?長期旅行を終えたら、カンボジアへ移住したいと思っているので、その下調べです。 

 

汗だくになりながら見て回って、家賃やデポジット、繁華街までの距離などをメモして写真を撮ったり。

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003517j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003518j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003519j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003525j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003526j:plain

 

シェムリアップで物件を探す際は、不動産屋を通さず自分の足で探すのがベターだと現地在住の日本の方から伺いましたが、賃貸契約の仕組みを知りたかったので不動産屋にも話を聞きました(^^)

 

内覧中、何故かドライバーも一緒に見学して写真撮ってるの(笑)何でなの?(笑)

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003521j:plain

先陣を切って乗り込むドライバーw

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003522j:plain

 

ピンと来る物件はありませんでしたが、家賃含めた費用や仕組みを知れて知識面で収穫あり。半日ちょっとですが時間を設けて良かったです(*^-^*)

 


遅めのランチは、パブストリートにある「クメールキッチンレストラン」で。前回行かなかったので今回初訪問です。

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003540j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003541j:plain


アモックとビール

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003550j:plain

ご飯は無料でおかわりできるというか、ご飯が少なくなると店員さんが入れに来てくれます。女性は1杯で充分なボリュームだと思う

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003547j:plain
普段お酒はそこまで飲まないのですが、旅行中は昼からビールでも飲んじゃいますかって気分になるから不思議だ

 

メニュー

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003544j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003545j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003546j:plain

お会計は6.50ドルでした

 

夜は賑やかなパブストリートも、昼は人が少なくてまったりおだやか

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003601j:plain

日本人は1、2組しか見かけず

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003551j:plain

Angkor  WatならぬAngkor  What

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003537j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003552j:plain

 

 有名なお土産「ノムトムムーン」の日本語堪能な店員さん

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003556j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003553j:plain

 

暑くてフルーツシェイクを買いました

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003558j:plain

こちら

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003603j:plain

1ドルでした

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003600j:plain

色んな種類があるよ

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003559j:plain

 

 

 お腹が充分に満たされたので再びトゥクトゥクで移動です。向かったのはロリュオス遺跡群プリア・コーの目の前にある「Little Angels」!

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003607j:plain

 

ここは伝統工芸である影絵(スパエク)機織り工房であり孤児院でもあり、販売している商品は子どもたちが作ったもの。

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003609j:plain

商品の売り上げが子どもたちの生活費や学校運営費として使われているそうです

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003616j:plain

大きいサイズは持ち帰るのが大変なので、小さいサイズの作品を購入しました

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003612j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003615j:plain

象は幸せの象徴なんだって

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003617j:plain

 

普段はこういった道具を使って

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003610j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003611j:plain

このように子どもたちが作る様子を見学できるのですが

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003608j:plain

作業中だったのはこの男の子だけ

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003614j:plain

他の子たちは奥にいました

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003613j:plain

 

何をしていたかというと英語の授業を受けている最中で

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003620j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003622j:plain

みんな大笑い

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003621j:plain

 

授業をしていたのはこの方々

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003618j:plain

 

話を聞いたところ台湾のボランティア団体の方々で、11日間カンボジアに滞在して複数の学校を訪問しているそうです。

 

関心したのは、英語だけでなくクメール語を織り交ぜて授業をしていた事。しかも最初の挨拶や少しだけでなく頻繁にクメール語を入れながら、子どもたちが飽きないように面白おかしく授業していたので、私自身も楽しく見学させてもらいました!

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003623j:plain

 

工房を見て回っている最中も、台湾の子が何人も話しかけてきてくれて、最初は中国人に間違われて中国語で話しかけられ、ん?って顔をしたら今度は韓国人と間違われ(笑)旅先では70%の確率で中国語で話しかけられますw純日本人なのになー(汗)

 

そんなわけで台湾の子たちと長時間お喋りして色々と話を聞かせてもらい宿へ戻りました。入場料は掛かりませんので、ロリュオス遺跡群を見に行く際はLittle Angelsにも足を運んでみてはどうでしょう。

 

ドライバーとは宿でお別れしてまた明日。本日のドライバー代は20ドルでした。Little Angelsまで行くのにちょっと距離があったので20ドルになりましたが、行かなかった場合は15ドルなはず。

 

トゥクトゥクに乗っての移動だから自分で歩くより楽なはずなのに、太陽の光と暑さで体力を消耗するのかやたら疲れますね。歳のせいもあるか(汗)

 

 

夜になり繁華街へ繰り出します。

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003624j:plain

昼間とは打って変わって人がたくさん

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003625j:plain

 

パブストリートにある黄緑色のマッサージ店「SAM NANG MASSAGE

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003627j:plain

前回来た時(その時の記事はこれ→カンボジア旅行記3日目後編/タプロー厶・プレループ)はマッサージ、今回はペィデキュアをお願いしました。右の青年は16歳

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003629j:plain

左の女性に前回マッサージしてもらい、その時撮った写真を現像して持ってきていたのであげたら大喜びして、大声で外にいるスタッフにまで自慢してた(^ ^)笑

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003626j:plain

以前は4歳の息子を連れて来ていたが今日は家で寝てるんだって。会いたかったなー。2日に1回だか1週間に2回だか忘れたが朝まで働くそうで、どこの国も子育てしながら働くお母さんは忙しく大変だ。そして強い。

 

甘い物が食べたくて屋台のクレープ屋さんへ

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003632j:plain

値段は1ドル

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003631j:plain

バナナチョコクレープを注文

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003633j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003634j:plain

この後クリームか何か入れてました

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003635j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003636j:plain

完成!食べやすいサイズ。味は甘さ控えめです。

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003638j:plain

作ってくれたのはこちらの女性。さっきまで笑顔で会話してたのに写真を撮る時だけ真顔になっちゃったよー

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003637j:plain

いつも同じ場所で屋台を出しているそうなので見かけたらぜひ!

 

続いては「LINGA BAR

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003606j:plain

写真は昼間撮ったもの

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003605j:plain

 

メニュー

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003644j:plain

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003643j:plain

私はビールを注文

f:id:l-traveler-lovetabi:20160801003641j:plain

 

店員さんと喋りながら飲んでいたら、カウンターで一人飲んでいたアメリカ人の男性がやってきて一緒に飲む事に。たぶん年下。アメリカ在住で旅行でカンボジアを訪れたそうだ。台湾に1年住んでいた事もあるんだって。彼はゲイでカンボジアやアメリカのゲイ事情についても説明してくれた。

 

早い時間帯は空いていてお客は私たち2人だけだったが、遅くなってくると続々とお客さんがやってきました。しかしビールで眠くなってきたので私は帰る事に。宿に着いたのは22時でした。

 

明日はアンコールワットの朝日を見に行きます。ドライバーが寝坊しない事を願うばかりだ(笑)(前回のドライバー寝坊事件はここから見てね→カンボジア旅行記3日目前編/アンコールワット・バイヨン寺院)

 

 

【これ1冊あると便利!】

 


スポンサーリンク