Lトラベラー☆

2017年1月より西回りで世界一周スタート☆

私流!語学学校こう決めた!フィリピン留学8つの手順で学校決定


スポンサーリンク

今日は、フィリピン留学をするにあたり、誰もが悩むであろう「語学学校選び」について記事にしました。旅行記は次回書く予定ですのでご了承下さい。

 

 

最近では頻繁にフィリピン留学の説明会なるものが開催されているようです。どこの地域にしよう、何を基準に学校を選べばいいかな、海外での生活に不安があるよーって方は説明会に参加してプロのアドバイスを聞くのも手だと思います。

 

私自身はバギオで留学すると決めていたので、それ以外の地域の説明を聞くのが面倒だなーと感じ、説明会には参加せず、最終的に自分で探したエージェントの方に相談の上、学校を決めました。

 

学校を決めるまで結構な時間を要して悩んだので、この記事が同じように学校選びに悩む方のヒントになればいいなーと(ならなかったらならなかったで仕方ないよなーと笑)。

 

先に言っておきますが、この記事5000文字超えますwしかも面白みとか一切ありません。その点くれぐれも頭に入れて記事を読み進めて頂ければ、「面白くもないこの長い記事まだ続くのかよ~」なダメージが多少へ軽減されるのではないかと思います(笑)

 

 

では早速。【フィリピン留学!語学学校選び】

 

 

【手順1:学校を網羅する】

 

周りにバギオでの留学経験者がいなかったので、オススメの学校が分からない状態からスタート。

となると、バギオにいくつ学校があるのか、どんな学校があるのか、まずは把握しようと思い、様々なエージェントのHP、ブログ、学校のHPをインターネットで調べあげてバギオに存在する学校と必要な情報を網羅しました。

あるエージェントのHPだけ見て決めようとすると、他のエージェントのHPには載っている学校が載っていない場合もあり、候補から取りこぼしてしまう可能性があったので、とにかく調べに調べて、この作業にはだいぶ時間を掛けたかも。

 

誰かの口コミを見て良い学校だと思ったら、それで学校を決めるのもありだと思いますが、私は可能な限りの情報を把握した上で吟味して納得のいく学校に通いたかったので、効率は悪いと思いますがこの方法を取りました。

 

 

【手順2:日本人経営の学校にするか否かを決める】

 

フィリピンの語学学校は韓国人が経営している学校が多くあります。

 

韓国人経営など日本人経営以外の学校メリット

・日本人以外と知り合う機会が増えて必然的に英語を話す状況になる(日本人経営の学校でも規則で英語だけしか話せない学校はあります)

 

日本人経営の学校のメリット

・日本人が多いので、生活面で大きな価値観の違いがなく勉強以外で余計なストレスを抱える事がなくなる

・日本人の口に合った食事が食べられる

 

おおまかに書きすぎですがこんな感じでしょうか。

 

それを踏まえた上で私は、日本人経営の学校ではなく日本人以外が経営する学校にしようと思いました。

 

例えば韓国人経営の学校だと食事は辛い物が多いそうです。辛くて食べられなければ、食べられる物だけ選んで食べればいいので、一切食事の事は心配せず。むしろ口に合わなければ、最近食べ過ぎなのでダイエットになっていいんじゃないかと(笑)

 

一緒に生活していると国が違うから「何でだよ!」って理解できない事も出てくると思うけど、そんな事これから長期で旅に出たらいっぱいあるし、割りと大雑把な性格なのでそれでストレスを溜めるタイプでもありません。せっかく海外に来たんだから、他の国の方とも関わりたいし。

 

なので、手順1で網羅した学校の中から、日本人経営の学校を除外しました。

さらに、日本人経営以外の学校でも、日本人の割合が4割以上ある学校も除外

 

逆に日本人経営の学校が良い人は、それ以外の学校を除外すればオーケー!

 

これで候補の学校が半分近くに減るはずですヽ(・∀・)ノ

 

 

【手順3:希望に合う授業形態やコースを探す】

 

お金を払って勉強しに来ているんだから、自分の希望に合ったカリキュラムで学ばないと損ですよね。

 

・マンツーマンの授業が○時間以上ある学校がいい

・グループレッスンの授業数が少ないコースのある学校がいい

・TOEIC対策を専門にしているコースがある学校がいい

・夜の自習は強制参加の学校がいい

などなど。

 

英語を勉強するにあたって何を重要視したいかを考え手順2で絞った学校の授業形態等を確認。半数まで絞った学校をさらに

・授業が希望にとても合う

・授業が希望にまぁまぁ合う

・授業が希望に合わない

の3つに分類しました。

 

そして授業が希望に合わない学校は除外

 

私の場合、この時点で10校近くまで絞れました。

 

【手順4:学校や寮の設備や周辺環境を確認する】

 

手順3が勉強面で重要視する事なら、手順4は生活面で重要視する事です。やった事は手順3と同じ。

 

・インターネット環境が整っている学校がいい
・ジム付きの学校がいい
・近くにスーパーやレストランがある学校がいい
・洗濯回数が多い学校がいい

・EOPを徹底している学校がいい
など。

 

生活面で外せない条件があれば、それを照らし合わせて希望にそぐわない学校は除外

 

逆に良いじゃんって思った学校でも、強制参加のアクティビティで、各グループごとに歌を披露した???みたいな事が載っていた学校があって、即除外しました(笑)みんなで何処かへ出かけたりするならいいけど歌うのはねえ(汗)大勢の前で歌を披露するとか嫌だわw

 

この結果5、6校まで絞る事に成功。

 

 

【手順5:留学経験者の口コミを見る】

 

口コミはその人自身の体験談なので、同じ経験をしてもそれを真逆に捉える人もいて、全てを真に受けるのは違うと思いますが、留学の先輩方の意見を参考にするのは役立つ事間違いなしなので、絞り込んだ学校の口コミを複数のサイトで確認しました。

 

着眼点としては

・手順3、4の勉強面、生活面で希望した条件が実際どこまで叶えられそうか

・手順3、4での除外作業はエージェントと学校のHPの情報が主なので良い情報しかなく、HPには載っていない良くない口コミ(例えば部屋にカビが大量発生したとか、授業の進め方に対する問題点だとか)の把握

 

この2点に注目して口コミを見た結果、ネット環境や規則、講師の質(やる気の問題)などに関するHPと口コミの相違があったり、HPの情報が最新ではないものがあり、あれこれ精査した結果、やっと3校を残すまでに至りました。

 

 

【手順6:学校のHPやパンフレットを細部まで見る】

 

3校に的を絞ったので楽勝だーと、学校HPやPDF形式で見れる学校のパンフレットを徹底的に確認。

最重要項目ではないから気にしていなかったけど、まぁまぁ重要だなと思う項目を3校で比較して2校に絞りました。

 

当初の予定ではこの段階で1校に絞って決定する予定だったのですが、最後に残った2校がどうしても選び切れず。色々見ては悩んで考えて、でも決められず、いよいよ私はプロの手を借りる事にしました。

 

 

【手順7:留学のプロ、エージェントを探す】



当初、学校に直接申し込むのもエージェントを通して申し込むのも大差はないかと考えていましたが、面倒な手続きをあれこれ代理でやってくれるし、各エージェントが割引キャンペーンをやっていたりするので、エージェントを通して学校へ申し込む事。

 

エージェント選びについては、学校選びで力尽きてしまい(笑)吟味したのは3社のエージェントのみΣ(゚д゚lll)

しかも何となく目に付いた3社(笑)エージェント選び、適当ヽ(;▽;)ノ

 

さて、絞り込んだ2校の授業形態や学校設備などは、どちらの学校ともそれぞれの良さがあって更に比較した所で決めようがないかなと思ったので、とりあえず3社に割引キャンペーンを適用した場合の授業料を含めた留学に掛かる費用(航空券を除く)を聞いてみる事に。

 

・1社目
多分テンプレで返信しているんでしょうが、こちらの質問はまるで無視。更にセブ島の情報まで送ってくる始末。

 

・2社目
こちらの質問内容は分かったけど、一度電話で話したいから都合の良い時間帯を教えて下さいとメールが。私が知りたいのは費用で、メールで費用を教えてくれたら申し込むのは確定なのに電話ってΣ(゚д゚lll)返信を躊躇っていたら、電話が何度か掛かってきました(泣)

 

・3社目
費用の質問にメールで素早く回答してくれました!感動!!!もう他のエージェントを探すのは面倒だったので、こちらのエージェントさんにお願いする事に決めました。

 

留学費用ですが、2校で5万くらい金額が違うなら安い方にしようと思ってたんです。が、しかし結局どちらの学校もほぼ変わらなかったんです。

この2校に限らず、よほど安い学校、高い学校を選ばない限り費用にそこまで違いは出ないんじゃないかと思われます

 

1校に絞り切れず。思いの外、難航。

 

 

【手順8:エージェントと面談だ】

 

早く学校を決めて、入校する日が決まれば旅の出発日が決められるそうすればその後の旅のルートもより具体的に決められる!だから早く学校を決めたいのに、2校まで絞った学校のどちらにするか決めきれずにいました。

 

そこで神様仏様エージェント様という事で、エージェントの方に面談をお願いし

 

面談をした上で、どちらの学校にするか決まりましたヽ(´▽`)/

 

実際にエージェントの方に会って色々聞いてみると、調べても出てこない情報を教えてもらう事ができ、リアルタイムで学校の状況を把握していらっしゃるので情報がとても新しかったです!

 

決めた方の学校より、やめにしたもう1校の方が良いなって思った点は多々あったんです。だけど、やめにした方は最近やたら日本人に人気で、HP上に出ている情報と比べると日本人の割合がかなり増してるんだって。日本人率4割!それが分かっていたら、手順2の段階で除外してました(笑)

 

というわけで、規模は大きくないけど日本人が少ない方の学校に決めました。やっと決まったよ~!

 

 

以上が私が行ったフィリピン留学の学校選び、8つの手順でした。

 

 

しかし

 

オチがあるんです!

 

別の記事でも触れましたが、直前でバタバタするより前もって準備したい系なんです私。

 

だから前のめり気味で早めに学校選びをして面談もお願いしました。

 

だけど、2017年1月以降の入校だと日にちが先すぎて、学校が入校日だとかピックアップの日程を出しておらず、

 

肝心の入校日が決められなかったのーヽ(;▽;)ノ笑

 

9月頃に発表されるらしく、10月に申し込めばいいってさΣ(゚д゚lll)

 

急いで学校を決めた意味!笑

 

なので学校は決まったけど申し込みが出来ない状態です(笑)

 

※余裕を持って準備するのは良い事ですが、前のめり過ぎるのはやめましょう(笑)

 

フィリピン留学に関しては申し込みが無事に終わったら、その手順や費用について詳しく記事にする予定です。それまでフィリピン留学の記事はお休み。

 

次回は準備とは関係ない旅行記を書く予定です。

 

 

5000文字を超えたこの記事を最後まで読んで下さったそこのアナタ、変人ですか?神ですか?

直接お礼を言いたいのは山々ですがなかなか難しいので、ありがとうございます!心からの感謝を贈ります(笑)

 

↓フィリピン留学経験者から聞いた必須アイテム↓


スポンサーリンク